« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の6件の記事

2007年10月26日 (金)

フェラーリ祭り

  Dドラで先日、初版だというFタイプボディを購入。

Dscn1872

買った人も多いと思うので手持ちのダイキャストを参考になればと掲載します。

Dscn1873Dscn1874

Dscn1876

Dscn1877

Dscn1879

裏が見たいという人が...居ないだろうけど掲載

Dscn1881_2

 

Dscn1880

Dscn1883

ついでに手持ちの雑誌写真

Dscn1884

Dscn1885

リジェ....似てますよね?フェラーリばかりも何だし....

ちなみにダイキャストと雑誌はDドラに貸し出し中。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

電気メッキにチャレンジ♪

RMさんのサイトでアルマイト剥がしネタからメッキ道具があるのを知り、手軽に出来ないか調べてみたら、意外と簡単にできることが分かり、居てもたってもいられず、早速スーパーに買出し。

電解液は某サイトに習ってサンポールにするつもりだったが、向かったスーパーに売っていなかったので傍ののダ○ソーで成分の近い(塩酸)トイレ用洗剤(ナイス)で代用。その他は銅の針金をメッキ原料用に購入。

電解液はサンポール代用品、ナイスを水で適当に薄めたものを使用。

2.4v程度で+側に銅の針金、-側にステンレスの針金(自宅にあった)。容器はミニトマトのパック(ゴミ箱から)。

これで準備完了。

メッキ対象はピッチングダンパーのスプリング。

で実験開始♪

Dscn1887_2

容器の中のバネがみるみる変色。

Dscn1886_2

Dscn1889

Dscn1890

意外と簡単に成功♪

ちなみに十字レンチをを-側に繋いだら激しく反応し、真っ黒に!

某サイトにあったけどアルミはプラス側(陽極酸化=アルマイト)みたいです。

※電解液は塩酸なので皮膚につかないよう要注意です。メッキ処理後は中性洗剤で洗うなどしないと激しく錆びると思われるのでこれも注意。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

D-Driveシリーズ最終戦④

そして決着のときが...

【Aメイン決勝】

二度目のレッドシグナル消灯!

当然ビリからのスタート!

おっ、パワーあるかも感じ、いけるか!?

そしてストレートエンドのヘアピンを左に!

ぐわっ、ま、曲がらないぃぃぃぃぃ

.....

あたま真っ白...

またしても真っ白...でも今回は燃え尽ずに不完全燃焼。

もうあとはひたすらラップされるばかり。

何ラップされたかわからない。

失敗した。Bメイン終盤、Fが路面のグリップ剤を吸ったのか、巻き巻きで辛かったので前をリサイクルBSにチェンジ。まではよかった...薬塗らずに出たのが大失敗。

対決どころじゃなかった...

二度ほど誰かにぶつかった。

2名リタイアしたみたい(汗

ひとりは何とKawaiAguri。

やったー、勝ったー!....なんて思えません、全然。

最終戦だというのに、何て後味の悪い。

KawaiAguri:「また来年ガンバろう!」

「んだねぇ」、というわけで持ち越....でもとりあえずTotalポイントでは上回ったので全体で見ると俺の勝ちかな(え

【Cメイン決勝】

Bメインの準備であまり見ている時間が無かったがSuperAとは違う面白さ爆発。

動く核弾頭!?ばりに○シ君の抜群のセット&ハイパワーマシンの暴れっぷり。

いや~、いいもの見せてもらった!

○シハラさんのマシンもバランス良い感じでよく走ってるなぁ~と驚き!ブログによると軽量化の効果らしい。

来年は軽量化も考えないわけにはいかないなぁ。

【SuperAメイン決勝】

最終戦のチャンピオン争いに相応しいレース展開。

まさに鬼神。予選とは打って変わって恐ろしい速さで次々とラップしまくるたださんのマシン。

チャンピオンRMさんも決して遅くない、というか十分速いのにジリジリと離されて...後で聞いたらレース中の自己ファーステストラップは自己記録だったらしい。それを上回る速さだったのがたださん。おっそろし~

しかしSuperAって...もはや全日本レベル!?(レースを楽しむならAメインまでかな(逃げ腰))

そして終わってみれば下馬評どおり、チャンピオンたださん。やっぱり強すぎ。来年は誰がたださんを...

2位はRMさん。ファーステストを取ってたらチャンピオンだったとのこと。ここまでたださんを追い詰めたのも凄い事ですよね。

そして3位はおさがりさん。実はまだまだ本気になっていない、という噂の人物。全日本レベルの人ですからまだ余裕なのかな?

Dscn1863

今年のルーキーオブザイヤー、カ○ウさん。デビューでいきなりAメイン、しかも優勝、という鮮烈デビュー。タイトルを争ったコ○ツさん共々、すでにSuperA級。追いつかなくては...

Dscn1864

今年の開幕時は誰がたださんのぶっちぎりを食い止めるのか!?との下馬評だったが蓋を開けるとRMさん先行、逃げ切るか!?とも思われる展開となっており、最終戦でギリギリ逆転、と見ているほうも熱くなるチャンピオンレースで楽しませてもらいましたね~。やはり、レースはやってみなければわからない、ということか。

Dscn1866

最終戦も無事終わり、来年の開幕まで一休み...している暇はないみたいです、なんせ、来月からD-DRIVE、M03/M04シリーズが開幕(まだ予定って....)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

D-Driveシリーズ最終戦③

【Bメイン決勝】

勝ち上がってAメインにいくぞ!と意気込んだBメイン決勝。

グリッドはト○セさんに次ぐ2番手。他にもスギ○トさん、カ○さん、ハ○シさん含め手強い方々が並んでます。

がしかし、今回は負けられない。「絶対勝つぞー!」と内心叫んで一人で意気揚々。

セットは予選時と特に変更なし、モーター、バッテリー不安なし。

ただタイヤがまだ使い込んでいない、やや大きめなのが若干不安。前回は再生タイヤでうまく走れたが後半のひどいアンダーで苦しんだので今回はノーマルで走ることに。

そして...レッドシグナル消灯!

用心深く最初の一周をクリア。なにせグリップ剤をコース上で拭き取っているので1周目は特に慎重に走る。

2番手キープで走行、まずまずの走り出し。

さて前を走るはト○セさん。よく一緒に走るけどステディーな走りで手強い。セットが決まると勝つのは厳しい。とてもミスは期待できない...

  さてどうしようか...

と考えていると、どこかで飛んだらしい。

「TOP、ジョディムッチ」

またまた棚から牡丹餅。

ひょっとして俺の前を走る車は事故るのか!?など余計な事を一瞬考えたり。

しばし順調に走行。とりあえず車の不安も無い感じ。

  このままいけるかな?

ところが。

「4秒差で2位イ○ウ選手」のアナウンス。

  常連さんじゃないのにすごいな~

などと余裕こいてました。

マシンもパワーも調子良い感じでTOP快走...のつもりでいた。

しかし、いつまでたっても3~4秒差キープでぴったり付いてくる様子。

  えっ、まだ離れないの!?

ちょっと焦り始める。

後半、Fタイヤが勝ってきて巻き始め、さらに焦る。

  やばっ、追いつかれる!

がしかし、依然3~4秒差。

  あれ!?

後半はどの車も大変なのかも。

なんとか巻き巻きマシンでTOPチェッカー!いつも巻き巻きマシンで走っているので何とか無事完走。

これで念願のAメイン勝ち上がり!

ついにワールドドローム、インディチャンピオン、KawaiAguriと決着をつける舞台に這い上がることができた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D-Driveシリーズ最終戦②

さて今回のレースは最終戦、ポイントで拮抗している宿敵KawaiAguriだけには負けられない。

先日ワールドドロームのインディクラスでなんとぶっちぎりで優勝してしまい、鼻高々なのでボッキリへし折らないと!

【予選一回目】

パワーソースは前回レースで使用したモーター&インテレクト3600、タイヤはF:BS、R:LL、マイティー、指数46。

前回のダブルヘッダーで10.1を出したセットだが(このときはBSだが)、LLのせいか路面なのか、どうもRの食いもパワーもイマイチ。10.3、まで。SuperAどころかAメインにも届きそうにない...

【予選二回目】

Newモーターに交換、バッテリーもVR-1Xを投入するもやはり10.3どまり。途中コミュドロ垂らすも更新ならず。とうとうAメインには届かなかった、なんてこった!

Dscn1867

仇のKawaiAguriはとうに10.1、Aメイン。これはなんとしても勝ち上がって決着を付けねば...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

D-Driveシリーズ最終戦①

女心と秋の空ばりに予報があてにならない不安定な天気が続いたものの、好天に恵まれた最終戦。

前回のレース時の暑さが信じられない、涼しく気持ちいい風が吹いてます。

さて今回はいつもよりは早めに到着。といっても10時前くらいだけど。

最近あれこれ用事あり、あまりDドラに顔出さなかったので、会う人会う人、「久しぶりだね~」のご挨拶(汗

さて車の方は、前回巻き巻きでまったく走らなかったので、シャーシー一枚になるまで完全バラ断行。

「調子どうですか?」の質問に「まだ走ってないんですよね、ってかバラしてるとこ」

完全に他と違うペースで黙々とメンテ。レースは3時からとはいえ時間はそれなりにかかるので、そんなにのんびりしてる余裕もない。メンテしつつバッテリーを充電。

今回パワーソースはいつも予選で使用しているインテレクト3600に加え、耐久で一度使ったVR-1Xを4本投入。パワーソースには不安なし。(とはいえ、3本はいずれかがかなり電圧降下していたが)

Fサスアーム、黒バネ、Tバー、スパーは新品に交換。ベアリングもクリーナーに一時間以上漬け込み洗浄。モーターも当日買って慣らしたものと、前回のレースで使用したものを準備。さらにミニサーボ141HRを9550に、アッパーデッキも分割タイプから一枚の物に変更。セットとしては前回のダブルヘッダーと同じ仕様。

さて肝心のタイヤといえば、普通なら前後BSだが、前回作ったR:BSが最近流行のプチ堅ソフトだったのか、全く走らなかったのでLLに決めうち。グリップ剤はほぼ皆が使うと思われたマイティーを使用。

なんとかメンテ&セットアップ完了、写真撮影に間に合った! (Wolfは真ん中あたり)

Dscn1858_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »