« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の2件の記事

2007年12月31日 (月)

2007年Dドラ走り納め

待ってました、この日を。

週末は晴れ予報。

朝起きると明るい日差し、

でも舞ってました、木枯らしが。

走るのは厳しそうな状況....

とはいえかなりご無沙汰しており、ドラ最終日だから皆にも会えるだろうと走り納めにDドラ出勤。

Sany0009

「ヨコマッチさんすいぶん久しぶりですね~」と皆々から挨拶が。だよねぇ~(^^;

昨日の雨でまだ路面が乾いていなかったが日当たりもよく、間もなく乾きそう。

店長とご無沙汰談義をしてから、そそくさと狼用F103シャーシとM03を用意し、バッテリーを充電して、アンプを載せたりと、シャーシのメンテ開始。

Sany0010_2

と、気づくと西の方角の雲行きが怪しくなってきたかと思ってたらやがてポツリポツリと雨が...

えぇー、予報では晴れだったのに!?

せっかく準備したのに....暇だなぁ...と思っていると向かいのピットで人集りが?

どうも、あるMシリーズが人気の様子。

そそくさと寄って行き、見てみても無知な自分は何が凄いのか分からず。

「へぇ~、こんなRRのMシリーズなんてあるんですね~」

などと無知なセリフを口にすると、「ないない、自作だよこれ」と教えてもらってびっくり!

なんとRRに改造したM04、しかもポルシェボディっていうこだわりがイケてます(本人く、ポルシェボディが使いたくてこの改造をした、との事)

Sany0005

Sany0004

Sany0006

Sany0007

しばらくPit談義に花を咲かせ、クロスで新しいF1が出たとか、サイクロンという1/12が出たとか最近のラジ情報をいろいろ聞いて楽しく時間を過ごしていると、夕方には雨はすっかり止み、皆でコースの水掃け作業。Sany0008

しかしまもなく日が沈み、吹き荒れていた木枯らしも止み、路面が完全に乾くのは絶望的な状況に。

とはいえ皆の懸命な拭き取りのお陰でゴムタイヤのMシリーズなら走れそうな状態になったのでMiniで出動。

でもあちこちでくるくるとスピン、お尻フリフリしまくり。さっぱりまともに走れない....が、Miniは逆にそれも楽しかったり。

カツカツではない、Miniの楽しさはこういうところかな。

だんだん台数も増え、周回数も増えるに従い徐々に路面が乾き始めてきた。

店長のトヨタ2000GTが問題無く走っていて、路肩に寄らなければ走れるよ、と教えてもらい、自分もロータスヨーロッパで恐る恐る出走。

ライン外さなければ走れることがわかり、しばしロータスヨーロッパの美しく優雅な?走りを堪能。

夜になんと店長から年越しソバとおしるこを振舞まってもらい、皆で空腹を満たして、体を温めてからラスト1パック走行、なんとか無事走り納めできた。

Sany0011

Sany0014_2 今年一年お世話になったDドラ。このまま来年もRCどっぷりかな。

来年の目標は

「SuperAクラス入り」

果たして実現できるか!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

ラーメン屋巡りin川崎①

水曜早めに退社し、きくち歯科の帰りにラーメン屋に寄ってから、

木曜、そして今日(金曜)と、気づけば3連ちゃんでラーメン食べ歩き。

水曜は帰りがてら、一度寄ってみたかった一蘭へ。

聞いたとおり、隣と隔てる衝立があり、目の前の窓口?から券売機で買った食券を出し、ラーメン受け取り。

その後すだれの窓口が閉まり、プチ個室でラーメンに集中してください、的な環境に。

そして時々鳴る、チャルメラの音。

どうも追加注文のボタンで鳴るみたい。

懐かしさのあまり、思わず押しそうになってしまった、あぶないあぶない。

さて肝心のラーメン(\750)はストレート細麺に割とあっさり感のスープ。

旨味はあるが今ひとつ足りない感じ。でも上品な味、と言えなくもない。

ウリ?の秘伝のたれ、は辛くて、唐辛子との違いが分かりませんでした。

まぁまぁ。ただ麺の量が少ないので物足りない感じが...

木曜はなんだか肉を無性に食べたくなってしまい、そんなとき頭に浮かぶのは、ちょっと離れた所にある二郎

木曜だし、空いてるかな、と思いきや、20人弱の行列。

寒い日に限って....どうしようか迷ったが、どうしても肉が食べたいので我慢して並ぶ。

30分位待ってようやくカウンターに座り、注文の「小ぶた」(\700)が来るのを楽しみに待つ事数分。

「はい小ぶた~!」

一瞬注文間違えたのではないかと疑ってしまうような、どの辺が小ぶたなのか分からない程の量。

いつもの事ながら、圧倒される。見た瞬間、幸せいっぱい。

丼からだらだらスープが垂れ、山のように盛られた野菜、沈んだ大量の豚肉。スープには油身がぷかぷか。

思わずニンマリ。まさに至福の瞬間。

と、食べ始めてから、これをすべて胃に入れるのは無理なのでは、と徐々に思い始める。

そういえば完食したこと一度もないような...いつもごめんなさい、と言って帰っている気がする。

味の方は...量は言うことなし。でもスープは、なんだか旨味が足りない感じ。

でもあれだけの肉が乗っているので文句なんてありません。要は肉!なのですここは。

で結局完食できずに帰りました...ゴメンナサイ。

せっかくの金曜、真っ直ぐ帰宅するのも何なので、

サイトで見つけたマキタに行ってみることに。

通りに面してはいるが店が小さく、ラーメンの文字しか見あたらず、店名がなかなか確認できなかった。

日よけ?にマキタの文字をようやく見つけることができたが、角度が悪く、向かいの歩道からじゃないと見えない感じ。

駅からここに向かうまで、ラーメン屋やら中華屋が結構あるので初めて通るならわざわざここに入る人は居ないに違いない。

幅2mもない入り口。

ちょっと暗めの店内。

遠目には休みに見えなくもない。

若干抵抗を感じるものの、ここまできたのでとりあえず入ってみる。

昨日の二郎と違い、客が誰も居ない。

やばい、この雰囲気....失敗したかな?

とはいえサイト情報を信じて、とんこつ(\650)+チャーシュー(\200)+野菜(\100)を頼んでみる。

わずか6席の小さい店内。店主との距離も1m未満。

後ろの壁には貼り合わせの日本地図。

店主は元トラックの運ちゃん?それとも日本全国ツーリングしたのかな?

などと勘ぐっているうちにラーメン出来上がり。

お、旨そう!ボリュームも二郎程ではないにせよ、なかなか。

とまずはスープを一口。

旨い!見た目通り、期待を裏切らない旨さ。

自分の中では一番旨いと思っている、大桜と遜色ない感じ。

太麺でとんこつのうまみたっぷりだが意外とサッパリした感じがあるスープ。

分厚いチャーシューもかなり旨い。これも追加すべきかも。

今まで食べたラーメンでは5本の指に入るのではないかと思うくらい旨い。

って偉そうに言えるほど食べてないけど。

お店の雰囲気が気にならない人にはお勧め!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »