« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年3月の4件の記事

2008年3月21日 (金)

D-Driveシリーズ2008開幕戦

D-Driveシリーズ2008がついに開幕。

開幕戦からやってしまった、大遅刻。。。

なんとかこの日に間に合わるため準備してきたウルフWR1ボディ。

前日のAM5時、顔塗りは諦めとりあえずヘルメットのデカール貼りで終了。

当日9時に起き、シャーシに何も載っていないので急いでいつも使用しているキーエンスのエクストレイ載せようとしたところ...

ふと、今年のシリーズの為に買ったフタバ850Cに、時間が無いのに付け替えようと、欲張ったのが失敗!

ケーブルから作り始め、ようやく載せて、スイッチON。

無反応。

モーターが回らない!?

バッテリーか?モーターか?調べても原因掴めず。

レースに間に合うか怪しくなってきた...

とりあえず電話し、セッション3時と確認、諦めずエクストレイの配線を作り変え、スイッチON。

ウィーン!

何と、新品の850Cが原因らしい。ステアリングは問題ないがスロットルはLED点灯するfだけでモータが反応しない...

時間無いのでとりあえずDドラにGo。

着いてみたら、かなり賑わっててビックリ、なんと33名ものエントリー。

Sany0001

久々のオ○リさんやカズ○君、中部からはるばるフ○タさん、そして何と、F103の開発者であるタミヤのア○ムラさんまで!もしやF103の後継機のリサーチ用の参戦か!?最近F1モデルはテックやクロス、そしてTRGやらZENと賑やかですからねぇ、本家も本腰入れ始めたか?

セッティングのほうは時間無いのでFはいつもの再生ブチルフソフト、Rは先週良かったカワダロングライフにG剤マイティーで決め打ち。

モーターは年末にコミュドロで慣らして作っておいたモノを使用。

バッテリは昨年の狼で購入したインテレ3600。軽いしストレートでお手軽なので予選で使い続けてはや一年。時間無かったので今回もお世話になってしまった....

Sany0003

【予選1回目】

シェイクダウンのWolfボディーでタイムアタック。

パワーあるものの、リアが軽く、いまいち。10秒5。

まずい...これじゃAメイン厳しそう。

【予選2回目】

バッテリだけ追い充し、タイヤ、モーターは変更せず。

路面グリップが上がったようで10秒2までUP。

なんとかAメインに。

でもリアがまだ軽いのでレースは不安...

【決勝】

【Cメイン】

Sany0002

なぜかChu~隊長のサポートを受けてた最近の注目株、○ニ君がステディーな走りでTopでチェッカー、勝ち上がり。

Chu~隊長のサポートとはずるいな~というか羨ましい。

Sany0010

【Bメイン】

Sany0005

グリッドには○ニ君の永遠のライバル?zipblitzさん、そのライバルのイ○ハラさん、そしてなぜか最終戦にSuperAだったベルガー店長が!?

マクラーレンM23クラシックボディで苦戦!?

レースは途中までベルガー店長がTOP快走。

ところがクラッシュして戦線離脱、最後チェッカーを受けたのは常連の○ズタニさん。

Sany0012

【Aメイン】

Tmp

セットは予選と同様、バッテリーだけ4200VR1Xに。

パワーはOK、リアグリップだけが気がかり。

するとレース直前にフ○タさんから、

「絶対グリップする」

というツイークを借りて塗り、コースイン。

自分はウルフWR1で6番グリッドからのスタート。

直後にHitし、あっという間に最下位。

その後もボディ取り付け方法のミスで度々ボディがハズレ、コースアウトもしくは付け直しでどんどんラップされる。さすがAメイン。

リアグリップはツイークのお陰か、予選とは違い、安定していて、走るにつれ、どんどん安定傾向。すごく残念...

結局Chu~隊長の、スタートtoフィニッシュでぶっちぎり。

マクラーレンM23はシェイクダウンというのにここまで走らせてしまうとはさすが。

AメインはマクラーレンM23、ロータス76、フェラーリ312T2、そしてウルフWR1とクラシックボディ勢揃い。動画撮りたかったなー、誰か撮ってないかな?

Sany0016

【SuperAメイン】

Sany0006

予選から拮抗していたチャンプ○ダさんとオ○リさんがスタート直後からテールツーノーズ 。

パワーでは4600投入していたオ○リさんが終盤になればなるほど有利になるので、これはさすがのタダさんも!?

かと思いきや、中盤、オ○リさんが第一コーナーで僅かにパイロンに乗りあげ、その影響でストレートで壁面に接触し、戦線離脱。

結局チャンプタダさんの優勝。相変わらず強過ぎますね~、誰もタダさんを止められない!?

Sany0017

2位にはゆうたパパさん、3位はマ○モトさん。

Sany0021

なんとゆうたパパは、フェラーリ312T2の、ボディはまだしも、自作マシンもシェイクダウン!当日にセッティングしてしまう能力はさすがとしか言いようがありません。

創作意欲をかき立てるシャーシ。プロテンチックな感じ。

Sany0022

SuperAメインレース①

SuperAメインレース②

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

Wolf-WR1、2台目作成中

Dドラのディスプレイ用、今年のF1用と2台目作成中。

昨日はマスキング&塗装。

マスキングはかなり難航。

ドライバー後ろのタワーバー?あたり、色分けがネック。

今回テープで仕上げたがマスキングゾルの方が楽だったかも。

2台目は1台目より、更に暗めの濃紺にすべく、青(京商)を軽めに吹き、黒(キャンドゥ)で裏打ち。

前より濃紺に近づいたが、ん~、もっと黒い方が正解のような?

金色のラインは今回、ダイソーカラーからキャンドゥカラーに変更。

色が微妙に違い、キャンドゥ金は若干赤みを帯びた金で、銅に近い感じの色。

これがWR1に塗りたかった金色とピッタリ!

色についてはだいぶ想像と近い感じに仕上がった。

今日は切り取り&ドライバー塗り。意外とてこずるのがサイドミラーのカーブ。

何度も切りすぎて小さくなってしまった...

リアウイングも作成し、残るはデカール作成。これが大変.....開幕間に合うか!?

Sany0002

Sany0004

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

今日のドラ

ブログ更新すっかり忘れてた!

午前中の用事を済ませ、夕方からドラに直行。

マシンセットは狼レース時から特に変更なし。というか先週と同じ。

フロント:再生BS、リア:LL、49mm。

とても走りそうも無い感じ。

バッテリーも昨年から使い続けているインテレ3600。

TバーもF黒バネもいつ変えたか覚えてない。

どう考えても走りそうも無い感じ。

ただ、モーターはタミグラ用に慣らしたジョンソン。

グリップ剤は周りに聞いて久々にマイティー。

すると。

なんと4周目で10秒2!

周りはグリップしていない感じでどうも路面イマイチっぽかった。

なのに自分のWR1だけは吸い付くように走ってる!?

パワーはJのお陰に間違いない。

激グリップの理由が謎...49mmロングライフにマイティーがマッチ!?

夕方で湿度が上がったから?

確かにタイヤがかなりベタベタしてた。

軽量ボディと3600で軽量なのも効いたか!?

ドライバーがジョデイからアンドレッティに代わったからかか?世界チャンピオンだし。

ところが。

日が暮れて気温が下がったせいか?グリップ低下。

さっきまでのグリップ消失。

とはいえバッテリー2本走ってちょい更新、10秒1まで。

Sany0006

しかしロングライフはさっぱり分からないな~

レースはいつもどおりBSのつもりだったが皆イマイチっぽかったし、どうしよう???

ついでに先週のドラ

Sany0002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

伝説のF1ボディ作成

店長にだいぶ前に渡されていたWタイプボディの試作版。

CROSSとD-Driveプロジェクトによるクラシックフォーミュラボディ。

狼レース、タミグラと、立て続けだったので後回しにしていたので遅くなってしまった...

今週からようやく手をつけ、やっとこさ作成。

Wolf WR1。

デビューレースでいきなり優勝するという最初で最後であろう快挙を成し遂げた伝説のF1マシン。

Sany0001

Sany0003

Sany0006

DドラのDisplay用のつもりなのでダメだしもらおうと、とりあえずDドラに持っていったが、特に無く、一安心。

大変だったのがデカール。

売ってないのでDIY精神で作ってはみたが...

インクジェットプリンタ用のラベルシールとタトゥーシールで作ってみたけれど、どちらもイマイチ。使えなくも無いけれど...

あえて使うとすれば、ラベルシールは大きいデカール向き、小さいところはタトゥーシール。

しかし作るのに膨大な時間と手間隙が。しかも値段高いし...

Wボディと一緒に販売して欲しいなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »