« D-Drive Series 2008 F1第3戦動画 | トップページ | 強敵現る!? »

2008年6月29日 (日)

D-Drive Series 2008 F1第3戦レポート

待ちに待ったD-Driveシリーズ第3戦!前回出場できなかったので随分久々な感じ。

ここしばらく雨ばかりだったから、またお流れになるんじゃ?と心配だったが、予報どおり晴れとなり、一安心。

開幕戦の反省ふまえて、遅刻だけは避けたかったので何の準備もせず、9時半頃に到着。

Sany0002

9時ゲートオープンなのでPitもまだちらほら空いている状態。

一緒に着いたフェラーリマスターさんの向かいテーブルでPit準備にとりかかるも、なんとも久々な♂モトダが登場!なんだかとってもおめでたいようです。みんないい歳だからなぁ、そろそろ真面目に考えんと...

無心で出てきたので落ち着いたところで今回のレースの段取りを考える。

レース用バッテリーは昨年夏に購入したVR1-X、4本。

先週チェックしてみたらけっこう逝っているセルが多く、組み直したものの、完全にはチェックできず、信頼できそうなのが1本のみ。

これをレース本戦用。残り2本を勝ち上がり等の為に予備で充電。

そしてストレートパックのインテレ3600VR1を予選で使うことに決定。

パワーソースは貧弱だよなぁ、分かってるけど。他の常連さん達がお勧めのVG4600やらインテレ史上最高電圧らしい3800やら最新バッテリーを早速投入してるってのに....

モーターも前回、前々回のレース使用のものを2個用意。新品も持ってたけど、たぶん大丈夫だろうと....これが失敗だったらしい..

セットは練習で走った限りF:再生BS、R:BS、G剤:マイティーでややRグリップに不満残ったが(61mmででか過ぎだからか)問題なさそうなのでこれで行くことに。

【予選】

一回目、セットは特に悪くないがいかんせん、パワーが無く、10秒3止まり。

二回目、パッテリー入れ替えるもやはりパワー無く10秒3で変わらず。

なんとBメインになってしまった!!

Sany0004_2

成長著しいコリン星人○ラト君、若手出世頭タ○君はAメイン!

しかしなぜか同じメインに昨年SuperA入りを果たした○クタさんが!?

【決勝】

【Cメイン】

なぜここに?という人がチラホラ。

案の定、ベテラン○ギモトさんとこれまたタミグラ常連○ズタニさんがテールツーノーズ。

結果、安定感に勝る○ギモトさんがTopチェッカー。

Sany0005

<しかし上位4人が60周超えってCメインも速いなぁ...

このままでは次はCメインになるかも!?

【Bメイン】

何とか2番グリッドに位置し、右端のお立ち台Getし一安心。

この位置だったら勝負できる、絶対勝ち上がってAメインに勝ち上がるぞ、と気合は充分。

ところがレッドシグナル直前、ちょんとアクセルに触れてしまいフライング!

その影響か、スタート出遅れ、3番手のフェラーリマスターさんに追いつかれるも、なんとか頭を押さえ、序盤は2番手でラップし始める。

途中何度かHit&転倒し、4位ぐらいまで後退。自業自得な結果に諦めムード....

ところが中盤、上位がトラぶっている隙に順位を2位までUp!

Topはロータスの○クタさん、ところがもう後ろに来ている様子。

マズイ、ラップされたら終わりだーーー、っと気合入れ、ミスらないよう慎重かつタイトに攻め、徐々に引き離すことに成功。

レース前、○クタさんがコミュドロを差して突撃します、との話を思い出し、後半タレると予想し、ミスらず周回を重ねてゆくと、案の定、徐々に追いついてきている様子。

終盤10分、約5秒差、とアナウンス、ぎりぎり追いつくか!?と、気合入れ直し、ラストスパート!

ところが、こっちのバッテリもタレはじめてきた!!

もう追いつけないのか!?

ところがTopのロータスは更にタレているらしく、ジワジワと差をつめ、残り数周で追いついた!

ロータスvsウルフ、70年代対決に。 

がしかし、キッチリINを締めて走るロータスの前に出るのは.....

結局2位のままゴール。

Aメインに上がれず残念!でも手に汗握るレースができてかなり満足。

Sany0006

【Aメイン】

勝ち上がれなかったAメイン、マーシャル視点から。

Sany0007

Sany0008

序盤から荒れたレース展開。

今年の本命と予想する実力派のサ○ウさんが序盤に抜け出しTOPを快走。

無駄の無い走りで緩やかにコーナーを抜けてゆく様はどこかたださんに似た感じが。

ところが中盤、なぜかスローダウン!?

一体何が!?

レース後伺ったところ、どうもモーターがタレたらしいとの事。

Aメインにしては全般的に荒れたレースだった...

そしてTopチェッカーはイ○ウさん。ラジ天厚木メンバーの方々はレベル高い人ばかり。またSuperAが遠のくなぁ...

もうすこし綺麗に見たい場合はこちら

Sany0015_2

【SuperA】

ポールPはたださんを抑えてゆうたパパ!

振り分け仕様のNewマシン投入でいきなりBestラップ。見た感じでも相当速かったのでこれはもしかすると...

Sany0010

今回なんとクラシックボディにもかかわらず、店長のブラバムBT46、隊長のマクラーレンM23の2台がSuperA入り!二人とも今年はクラシックでまったり遊ぶと言っときながら....

Sany0009

レッドシグナル、スタート直後、マクラーレンM23がコースアウト!最後尾スタート。

ブラバムBT46は快走。中盤、ブラバムBT46とマクラーレンM23がテールツーノーズ!まさかSuperAでも70年代対決が見れるとはね~!

もうすこし綺麗に見たい場合はこちら

Sany0016_3

終わってみればやはりチャンプたださんの優勝!2位は惜しくもゆうたパパ。そして3位はなんと最後尾スタートのChu~隊長。車も良く走ってたけど、やっぱお手手と集中力が違うんだろうなぁ。

Sany0014

でも結構SuperAでもガラガラやってるんだなぁ、チャンスあるかも....入れれば、の話だけど。

表彰式のあと、D-Driveからビッグなプレゼントが!

Sany0012

なんと参加者全員にF1ボディが送られました!

なんて大盤振る舞いなんだっ!

レース終了後のひととき。

ホッとしてますね、けっこうこの時間も楽しかったりします。

ハウルの城と呼ばれるMyピット

Sany0016

|

« D-Drive Series 2008 F1第3戦動画 | トップページ | 強敵現る!? »

Dドラ」カテゴリの記事

レースレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202403/41686420

この記事へのトラックバック一覧です: D-Drive Series 2008 F1第3戦レポート:

« D-Drive Series 2008 F1第3戦動画 | トップページ | 強敵現る!? »