« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の8件の記事

2008年12月25日 (木)

すっかりRCバイクの虜に

いろいろ調べているうちに、マイノリティながらRCバイクのカテゴリーが存続していることが分かってきました。

すぐ転ぶだろうと思いきや、どれも結構走る!しかもカッコイイ!

ここ数日はYoutubeで探してはシビれてます。

もう欲しくて走らせたくてタマリマセン!買ったばっかりてのに

どこか近くにRCバイクのサーキット無いかな~

ついでにリアルの方も

ちなみに、今頃バイクにハマっている訳ではなく、もともと車よりバイク好きだったのが理由。

ざっとバイク歴を。

高3で中免取って乗り始め、今ので6台目。限定解除はまだ。もともと軽いバイクが好きなのでこれに乗りたいってのが無く、取る意欲が湧かず。かちとかっこ悪いけど。

車のほうはさっぱり興味無くて大学3年の時にしぶしぶ取って、それから数年ペーパー。

と、つまりは元からバイク好きって事です。

うわー、バイク熱が再燃しちまったかもー!?happy02

たまにはツーリングにでも行くかな....でももうちょっと暖かくなってからにしよう♪coldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

RCバイク~構造見たくてバラバラに

ギミックの秘密は何ともシンプルで驚き。

Sany0001

タンクから突き出たアームで腰を左右に振っているだけ。

手足はただ軽く留めているのみ。

頭の動作は腰から出ている突起が左右に振れると体内の歯車で逆に振れる仕組み。

Sany0002

さて肝心の中身。

走らせるのももちろんのこと、中が構造がどうなっているか興味津々でバラしたくて買ったと言っても嘘ではない。

バラスのに必要なのは+ドライバーのみ。接着部が殆どなく、意外と簡単。※+でも小さめ、精密用が必要

カウルを外してみると....なんとツインモーター!

ジャイロ効果対策!?

確かにギアの両側に歯が。

Sany0019

とりあえずゴムベルトを金に塗ってしまったhappy01

Sany0023

Sany0020

Sany0021

バラしたのはもちろんパワーアップできるか、確認したかった為。

Sany0028

ミニッツ用のハイパワー130モーターに換えるつもりだったが、サイズが違う事判明、残念!

リアタイヤを外してみるとピニオンx2個が見える。

Sany0025

Sany0029

前後タイヤを外したところ。

上部にミニサーボ、中心に基盤、両サイドがツインモーター。

これ以上は大変そうだし戻せるか不安なので止めとくかなcoldsweats01

Sany0022

ドライバーの背中あたりに錘が接着されていて、加重移動効果を高めている模様。なるほど。

Sany0030

あれやこれやバラしてたらこんなことに。戻すのが面倒だな....coldsweats01

最後に洗脳AnimationGIF

Top_3

Top

| | コメント (10) | トラックバック (0)

RCバイク~パッケージと概観、走行インプレ

Silverlit社のトイラジ、1/12RCドカティの続き。※Silverlit社はUFOラジとかも作っているようです。

充電して早速実走行してみました。

走った感じまさに”バイク”happy02難しいけどけっこう楽しめます。

走行時間は15分くらい。転んでばかりだったので正味10分ってところかな。

ただトイラジだけにちょっとチャチな感じは否めず、当然エンジン音も無いし静かで少々物足りない感じも。

キットの付属品はこんな感じ。

車体、プロポ、ACアダプター、充電器、説明書、アンテナ、単三電池x4。

Sany0003

なんとACアダプタのコンセントが違い、専用充電器が使えません....coldsweats02

アメリカ向けのようです?

でもこれでなくても充電は可能だから問題ないかな。

Sany0005_2

本体のバッテリーは下部にあります。

Sany0006

4セル4.8v....エネルプ化は無理っぽい

Sany0007

スロットル側にEXP3種類。

走らせると分かりますがアクセルでコーナーのRを操るのでこれが重要。リアルと同じなのでこのあたりシビれますhappy02使った感じだとBモードが走り易い。

Sany0008

ブレーキも3種類あるみたいですがまだ使いこなすレベルにないので何とも...

Sany0009

これの唯一の欠点はA、Bの2chしかない事。

でも周波数は普通の周波数帯、説明書にも”FM compatible con”の文字があるので、FM27MHZ、AM27MHzで試したけど動きませんでした...

Sany0010

プロポのクリスタルは見たことない形状。もしやクリスタルじゃなくてCR発振!?

Sany0011

バイク側は普通のクリスタル

Sany0013

何とかならんかのぅ~

Sany0014

Fサスは正立フォークのスプリング。

Sany0015

メーター、ハンドル周り。Fタイヤとハンドルは別になっていて動作を妨げない構造。

Sany0016

Rサス周り。よくできてるなぁ~、嬉しいねぇ。駆動はゴムベルト。とりあえずに塗るしかないな

Sany0017

とりあえずバラしますsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

RCバイク!

土曜ドラに遊びに行ったらこんなものが!?

Sany0001

大きさは手のひらサイズ。

ハングオフのギミックがリアル。(AnimationGIF)

Top

ドライバーだけが動きます。ハンドルはフリーでぐらぐら...

一見、人形ギミックだけの模型かと思いきや、どうやらラジコンで走るとの事。

どうもリアルなバイク同様、体重移動のみ(人形のハングオフだけ)でコーナリングするとのこと。これで走るか半信半疑なので実際遊ばせてもらうことに。

予想外に走るのでびっくり

でも運転に慣れが必要で難しく思った方向に向けない。でもバイク好きの自分としては欲しくてたまらない....

1.ギミックがリアル

2.バイクもカッコよく、出来が良い

3.よく走る

と3拍子揃っています!

更に...

タミヤの1/12プラモが流用できる可能性が

これは買うしかない.....

と思ってたら、翌日にDドラに入荷していて衝動買い!

Sany0004

Sany0005

これでレースができたら...D-DriveモトGP選手権....夢か!?

まずは思う方向に走れるように、冬休みは特訓せにゃ.....

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

コラリーCCT

先日の2号機ネタを見たChu~隊長曰く、

「リヤ周りはコラリーCCTによく似ているよ」

との事で実際に所有している店長のCCTを見せてもらうことに。

なんだか個性的な構造

Sany0003

珍しい構造のフロント周り。

Sany0004

ちょっと驚きの一箇所受けのサーボホーン。

Sany0005

さらに独特なリヤ周り。なるほど似ている....

Sany0001

2号機と比べると取り付けたTバーをシャーシ上で固定するとこれと同じ構造に。※ロールバーは改造とのこと

Sany0006

Sany0002

Sany0009

ってことは走らない構造、と言うわけではなさそう....

結論:2号機はきっと走る....本当か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

憧れの12

RCカーの最高峰1/12。

その速さを生み出す車体は信じられないほどシンプルだ。

フロントストラット、リヤTバー3Pサス。

これは20年以上前に登場し、ひたすらスピードを追求し続けるレース界において、今なお最高の戦闘力を誇る。

そしてスッキリとした外観は見た目にも非常に美しい。

Sany0002_2 

軽さは戦闘力に直結する。

これ以上加えられない、これ以上省けない。

必要最低限にして十分な機構の証明。

速さに必要なのは軽さという明確な主張。

それが圧倒的な存在感を醸し出す。

速さと美しさの融合。

ピュアスタンダード......

CMがあればこんな感じでしょうか?ちょとくさ~い感じで書いて見ましたが。

ずっと憧れてた1/12。

F1を走らせながら横目で12走らせている人を羨ましく見てた訳ですが。

なんとJS39さんからおさがりを頂き、ここ最近走らせてます。

Sany0005

が、アンダーなF1に慣れきってるのでハンドリングがシビアで難しい。

ま、走らせてるだけで今は満足。

見れば見るほどうっとり。

F1もこの機構にしたい欲求が....今は抑えときますが。

Sany0008

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

想いは遥か

何のことはない、2号機開発ネタ。

時間のある今のうちに、2号機開発をちょっとは進めようかと。

リア周りをリンク式にしたものの、少々難あり、滞ってた訳ですが...

怪しいガイジン、ア○バンのYoutube登録動画を見て、また意欲がフツフツ。

とりあえずまた作り直し。

今度は”ヨコマッチ・リバースTバー”方式(必ず命名)に変更。

まぁ簡単に言えば逆向きにTバーを付けただけ...って何も難しくないか。

Sany0002 コロンブスの卵的逆転の発想ならぬ、ほんとに逆に付けただけっていう...

Sany0005 ロールの制御はノーマル同様Oリング式で調整はコレまでどおりで簡単...って説明不要ですね。

Sany0003_2

まんまのTバー、もう少しカットしたいところだが強度が低下するのが目に見えるので....とりあえずこのままで。Sany0004

F側はOリング、R側はワッシャ固定...って見りゃ分かるか。

Sany0006手抜きと言えなくもない方式だがとりあえずこれでバッテリーのスペースが確保。

Sany0007

メリットはリンク式より強度UP、意外なメリット?としてロールセンターが簡単に変更できるところか!?

ロール軸がモーターマウント軸と平行なのがノーマルと異なるところで心配だが、なんとか走るのでは!?

ロールの話ばっかりなのは、つまりピッチングはまだ何も考えてないっていう事ですが...ま、ぼちぼちってことで。

前述のア○バンお気に入り動画はコレ!

スタイルといい、音といい、痺れる!特に2台目が最高!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

DDバギー選手権開幕!?

正式名称:ダさ・ダート・バギー選手権。

いや、ダさ・ダート・バギー・ワールドチャンピオンシップか!世界広しとえどココだけだろうし。

走る騒音、埃を巻き上げて大迷惑。

なのにこのところ一台、また一台と増えてきて日曜は本コースより台数が多かったという、DドラDirtコース。

ワイルドウイリー2、ファイターバギーRX、ファルコン、スバルブラッド....

今となれば懐かしい珍車、不人気車、走りそうもない車と、最近は異種格闘技戦の様相を呈してきた感が....

最近参戦してきた、シャーシーの構造が美しいスバルブラッド(ちょい改)。最近ドラに出入りしている怪しいアメリカ人のア○バンのマシン。走行前はこんなに綺麗.....

Sany0002

Sany0001

コースはひらすら左回りのオーバル。

ダサいバギーで日が沈んでも走る。走るセッティングは禁止。ってことでハイエンドマシンは走行不可です(嘘)

それぞれの車を交換して「うわ走んね~、コレ!」みたいな”走らなさ”をお互い楽しむっていう、新鮮な(変な)遊び?とでも言っときましょうか。
夜でも構わず走るが、さすがに見難くなるので自分のWW2はライトアップ済み!そっち方向の改造はOKっぽい。
どうもこのダサバギーメンバーはいかにダサい車で走らせるか、を最優先に考えているへそ曲がりばっかり。
みなさんも是非この機を逃さずダさバギーを持ち込んでみては!?(※あまり速い車だと皆"引く"ので注意)

各車決めポーズって感じか!?決まってないけど

Sany0004

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »