カテゴリー「バッテリー」の13件の記事

2011年2月27日 (日)

何ともスッキリ

このところお手軽1/12が一部で流行って!?いるけど

Chu~隊長が持ちこんだ単体2セルLI-PO。

最近は1セルLI-POが主流となってしまったのでニッ水時代のトゥエルブで走らせようとするとブースターや電源等が必要。

ところがこのバッテリーを使えば解決。(もちろん振り分けLI-PO&LI-FEっていう手もある)

ブログにあったようにKawadaのM300RSWに非対称に搭載したところを見せてもらうと、とてもスッキリした感じ。

Dsc03245

個人的に非対称系のデザインが好きなせいか、見ていてウットリ。

バッテリー、アンプ、モーター配線まわりがスッキリ感がイイ!

たいてい速い人はこういった配線テクも上手だったりするんだよなぁ、こういったところから差が出るのかも!?

今回、ポン付けで左右のバランスを取っていないらしく、しかもLI-POで軽いせいかリアトラクションが軽かったご様子。

とはいえLI-PO&540はさすがに加速力がLi-Feとは違う。

このスピード感もありかな~、自分のレベルでもギリギリ楽しめそうなスピード域かな。

バランス取るのがちょっと難しそうだけど、LI-PO&540の非対称レイアウトはカッコイイな~、やべっ、ポチりそう.....振分けLi-Fe買ったばかりだから自重しないとなぁ....


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

とっくに明けてますが

今年もよろしくお願い致します。

さて時を遡って年末の大掃除。

まずはバイクから....と思ったのが失敗。

Dsc01080

箒で埃を払い、ママレモンで水洗いして掃除完了。

さて、とセルを回すと.....

「キュルンキュルンキュルン....プスッ....」

お約束のようなバッテリー上がり。

仕方なく押しがけ。

家の前の緩い坂を登るもかからず。緩い下りを使ってかけてもかからず。

体力無いので休み休み。格闘2時間、車に繋いでかけるか...と諦めた頃ようやく「ボンボンボン.....」

もう体力の限界。年末の大掃除は年明けに持ち越し...

Dsc01081

しばらくエンジンかけているうちに、そういえばRC用充電器、ATLANTIS AL106B+で充電できるってことを思い出してバイクから取り出し充電。

Dsc01079

しばし充電後、バイク用のMFバッテリーは専用の充電器が必要と分かり中断。

相変わらず中途半端な年末だった...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

シルバーウィークその②

昨夜のシェイクダウンに続き本日もF60でセットアップ。

ボロボロになる前に記念撮影。ボロボロにしないお手手になりたい.....

Sany0001

Sany0002

Sany0003

Sany0004

Sany0010Sany0005

Sany0009

Sany0008

Sany0016

Sany0012

Sany0017a

F60記念写真はここまで。

最近店長が買い込んでいるLiFeバッテリーの重量比較。

来年のレギュはLiFeってことか!?

【LiFe】

 ・タミヤ2200:211g

 ・A123?2200:160g

 ・カワダ3200:258g

 ・イーグル3800:255g

 ・イーグル4000:256g

【Ni-Cd】

 ・タミヤ1600sp:297g

【Ni-Hi】

 ・ORIONSHO:409g

 ・IB4600:437g

やっぱりリフェは軽い。中低速コーナーの多いDドラでNI-HIに迫るタイムなのも頷ける。

Sany0018

Sany0019

Sany0020

Sany0021

Sany0022

Sany0023

Sany0024

Sany0025

はたして、来年のレギュは!?

Sany0001m40

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

驚愕のLi-Feバッテリー

登録名が空欄なのがJS39さんのLi-Feバッテリーの走行タイム。

Sany0001vga

走りを見て

「ほんとにリフェ!?」

何度叫んだことか(汗

ちょっと借りて走らせてもらった感想として

「俺のニッケル水素F104よか速えぇ!」

リアが軽くてなかなか走らなかったF104もそこそこ走るようになり、自己ベストの10秒4まで到達...したんだけど。

たぶんF104/F103の違いと自分のJモーターの遅さのせい?かと思ってるけど、にしてもここまでリフェが速いとは正直驚き。

ちなみに店長からLiFeバッテリー借りて走ったけれどベスト11秒3とか^^;

腕の差がハッキリしちゃうのか!?お、恐ろしい....

F104の方は新品マブチならもう少しタイムアップできそう。

だが曲がらない病を治さない限り隊長の10秒1には追いつけないだろうなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

楽しい1600バッテリー

日曜、久々のDドラ。

といっても先週旅行で休んだだけだったり。

まずは肩慣らしに1600SPから。

何故に今どき1600SP?

マイブームです(死語)

最近大活躍。

充電も速く終わるし、放電しっぱなしでも気にならない。

Lipoバッテリ入手までの代用のつもりが

どこまでタイムUPできるか、ちょっとした楽しみに変わってる。

軽量化の重要性のチェックのつもり...ってほどでもない。

我ながら変な楽しみ方だよなぁ。

この日は速いペースでHIグリップ路面に。

早速1600SPでコースイン。

指数は50。

軽いのでそれなりに走る。

インテレ4200より150g軽い。

 150g=30g×

ってことで指数は

 45+=50

HIグリップ路面のおかげで10秒4。

1600ベストタイム更新!(無意味)

30g軽量化で指数1UPのDドラ都市伝説を立証(冗談)

ホントは電圧低いから指数も50より低くなる筈だけど

そもそもパワーウエイトレシオが同じなら同じ加速?っていう根本的な問題があったりする

路面良いのでインテレ4200WCでタイムアタック!

久々の10秒1。

でもこの日は9秒台、10秒0、1台もゴロゴロ居て真ん中ぐらいのタイム。

ここまできたら、ということでレース前の慣らしを兼ねVG4600とオリオンSHOEU投入。

VGでタイムアップ!この調子なら1年ぶりの9秒台狙えそう。

ところが、ぽつりぽつりと雨が。。。。

炊きあがったSHOでコースインするもやっぱりロクに走れず。

ん~残念!なんだか不完全燃焼...

まぁ1600タイム更新したから良しとするか...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

最適な指数って?

軽量ネタの流れで。

車が軽いということはモーターへの負担も軽くなっている。

ということは少しパワーが余ってる状態なので幾らか指数を上げられるという事になる。

ではいったいどれくらい上げればよいのか?

 30g軽量化できたら指数を1つ上げることが可能

っていうDドラl的都市伝説を作ってみた。

中学生レベルの知能で考えてみた。

まずバッテリーパワーを仕事率(単位時間当たりの仕事量)に置き換える。

  (P:仕事率)=(V:バッテリ電圧)x(I:バッテリ電流)

ここで外部抵抗(配線等)は一定と考え、とりあえず無視。

また、540モーターの加速に必要なのは一定の消費電流(例えば20Aとか)と考えて(力=磁界*電流だから)

I=V/Rで電流を置き換えると

  (P:仕事率)={(V:バッテリ電圧)x(V:バッテリ電圧)}/(R:バッテリ内部抵抗)

仕事率は電圧の2乗に比例し内部抵抗に反比例。

※7.2vのバッテリーから7.4vのバッテリーに交換した場合(+2.78%)、パワーは5.63%UPすることになる。逆に電圧が上がっても内部抵抗が高いと熱ばかり発する使えないバッテリーということになる。

そして車重を仕事率(パワー)で割ると、

  (パワーウエイトレシオ)=(重量)/(P:仕事率)

これは重さの変化率に対して、仕事率の変化率が同じ場合はパワーウエイトレシオが同じという事。

つまり軽くなれば低い電圧でも駆動可能っていう事を表している。まぁ当たり前か。

※具体的な例では1200gで7.2vで駆動していたとすると、7.0vのバッテリーでは-5.48%パワーが落ちているが((7^2-7.2^2)/7.2^2=-5.48%)、その分軽い1134gなら駆動可能となる。

さて、本題の指数を考えてみると車重に反比例の関係にあるので(ちと自信なし)

パワーが同じなら軽くなった変化率ぶん、指数を上げることが可能、ということになる。

※車重が1200gで指数45で駆動可能な車が30g軽量化し1170gになったとすると、(-2.5%)

指数45に対して+2.5%上げることが可能となり、46.125で同じ駆動力となる...筈。

でもこの計算だと先日の900gを割っていたLipo車だと指数60でもOKなことに....

前提条件誤ったか...考え方を誤ったか...はてさて本当なのか?やっぱりガセなのか?

ってことでDドラ的都市伝説の誕生。

ここまで書いてタイトルと本文がズレているのに気づいた。

まいいか。

Sany0001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

バッテリー重量データベース

軽量化ネタついでにバッテリー重量を計測しデータベース化。
参考にしてもらえればコレ幸い。

【LiPo】

 ・ヨコモ1600             :99g

 ・ヨコモ2800             :147g

 ・enLipoR2800             :144g

 ・ZIPPY Flightmax4000             :222g

【LiFe】

 ・タミヤ2200                 :211g

 ・A123?2200               :160g

 ・カワダ3200                :258g

 ・イーグル3800             :255g

 ・イーグル4000             :256g

 ・イーグル4200             :279g

【Ni-Cd】

 ・タミヤ1600sp             :297g

【Ni-Hi】

 ・IB4600                     :437g

 ・ TAMIYA1600SP     : 295g

 ・ GP3300          : 384g

 ・ ORION4200SHOEU    : 414g

 ・ INTELLECT3800VR1   : 415g

 ・ INTELLECT4200WC   : 436g

 ・ INTELLECT4200VR1X  : 444g

 ・ VigorPower4600     : 452g

他のバッテリーの重量も分かったら都度掲載予定。もちろん情報歓迎。

Sany0011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

F103と重量

Lipoバッテリーの走りを見ていて、F103の重量は走りにかなり影響しているという事に今更気付いた。

そこで手持ちの軽量バッテリーで試してみようかと。

Sany0010

タミグラ用に買った1600SP。

えぇー、こんなの走らないだろ~!?

と思っていたが、重さは僅か295g、インテレクト4200より150gも軽い。

パワーは当然小さいのでスピードを指数で稼いでみる。

軽ければ負担が少ないので指数もかけられる筈。(もっとも、パワー(電圧と内部抵抗)にも関係するだろうが)

ということで三日間これで走行、速いかは別にして指数は最大50までかけ、これでもモーター焼けずに走る事を確認。

ベストラップは10秒6、予想外に走れることが判明。とはいえ周回数は40にも満たないが....

1600はすぐ充電が終わるので、急ぎの場合には重宝する。

Lipoを買うまではこれで遊べそう。

しかし適切な指数って計算で出せないんだろうか?

重量とパワーからパワーウエイトレシオを計算し、そこから指数を...そんな簡単ではないか。

Sany0007

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Lipo化の波

前々から興味のあったLipoバッテリー。

なんせ、面倒な放電が不要、イキナリ充電可なところが ○
更にひたすら追い充で使用できるってところも ○
電圧変化が少ないのも ○
準備放電で0Vっていう悲劇が起きないところも ◎
定期的に電圧チェックしなくて良いという精神的に解放されるという点では◎
軽量ってところも走行&運搬の点で◎だがセッティング変更必要という意味だと △
容量の割に値段が高いのも ×
専用充電器が必要なのが ×
放電しきってしまうとお亡くなりになる点は ×
充電し過ぎだと爆発する点は ×

少々取扱いに注意な点とコストに目をつぶればはメリットばかり。
耐久性も、常連のS本さんがだいぶ前から使用しており問題ない感じ。

ってなわけでずーっと欲しい欲しいと思っていたLipoバッテリーだが
3連休初日の土曜にセリカの男さんがLipoで登場。

これがとてつもなく速い。
1/12並に速い!っていうのはちょっと大袈裟だがF103と1/12の間くらいの速さに見える。
なんでも900gを切っているとの事で、圧倒的に軽いお陰で加速がとんでもなく速い。
パワーは公称7.4Vだが、初期はニッケル水素に劣るらしいが、ほぼ同等の性能な模様。
動きがだいぶ変わるらしくセッティングが必要とのこと。
にしても見ている限り速く、とても楽しそう。

う~ん、これは買うしかないな~

Sany0003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

バッテリーレギュ2400って何それ

週末のタミグラin掛川。

クラージュワンメイクに参加予定。

103GT持ってないので普通なら参加したりしないんですが。

このタミグラで103GTの需要量を測られるとすると、下手すると103のパーツ供給が止まる可能性が。

こうなっては参加しない訳にはいかない!

全てはF103の為、Dドラ存続の為。

この為にキットを買い、ボディも買った。色も塗った。

レギュは540モーター、バッテリーは今時誰が持ってるんだっていう、2400。相変わらずなやり方...

他に使うアテのないものを買う気はないので1600SPで済ますつもりだったが...

ふと気になってEmeterでバッテリー特性調べてみたら閉口。

お話にならない特性。

レース激遅で面白くな~い!のが目に見えた。

で仕方な~く、渋々、買ってきましたRC2400SP@ラジ店戸塚

で早速調べてみると...

Top_2

こりゃ違うわ。お話になりません、買っておいて正解。

ま、参加費だと思えば....

でも¥5000オーバーは参加費としてもちょっと高い。

できればインテレとか別のバッテリー買いたいところ。

しかも環境に優しくないニッカド...社会の教科書に載ってた足尾銅山鉱毒事件のカドミウム。世界的に廃止に向かっている電池をわざわざ購入ってなんだか心が痛む...

とはいえもう買ってしまったけど。

とりあえずなんとかレースになるかな。

残るパワーソースはモーターだが、う~む、これといった慣らし技術もないから軽くアタリ付けて終わりかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)