カテゴリー「レースレポート」の53件の記事

2011年1月 7日 (金)

D-Drive Series 2006、2007、2008、2009

2006~2009をまとめてみました。

【D-DriveSeries2009】

  • D-Drive Series 2009 Round8 -Report- 2009.12.08
  • D-Drive Series 2009 Round8 - Results & movie - 2009.11.29
  • D-Drive Series 2009 Round7 -ドラ史上初Wetレース大混戦!?- 2009.10.24
  • D-DriveSeriesRoud4 2009.07.31
  • 2009 D-Drive Series Round3 2009.06.23
  • 2009 D-Drive Series Round2 2009.05.14
  • D-DriveSeries2009開幕戦 2009.04.02
  • (SuperGT)

  • D-Drive Touring Car Series Rd2 - Results & movie - 2009.12.05
  • D-Drive SuperGT Series Round1 2009.07.08
  • 2009年度D-DrivePartiesサーキットの狼たちSuperGT選手権 2009.03.15
  • 【D-DriveSeries2008】

  • D-Drive Series 2008 Rd8 2008.11.09
  • D-Drive Series 2008 Rd7 2008.10.19
  • 第5戦ダブルヘッダー... 2008.09.01
  • 第4戦のリザルトをグラフ化 2008.09.11
  • D-Drive Series 2008 F1Rd.4 2008.07.23
  • D-Drive Series 2008 F1第3戦レポート 2008.06.29
  • D-Drive Series 2008 F1第3戦動画 2008.06.13
  • D-Driveシリーズ2008開幕戦 2008.03.21
  • (サーキットの狼)

  • 2008年度「サーキット狼たち/M-1シリーズ」 in D-Drive 2008.02.11
  • (タミグラin掛川)

  • タミグラin掛川おまけ 2008.02.22
  • 2008タミグラ、クラージュワンメイクin掛川 2008.02.20
  • 【D-DriveSeries2007】

  • D-Driveシリーズ最終戦④ 2007.10.15
  • D-Driveシリーズ最終戦③ 2007.10.11
  • D-Driveシリーズ最終戦② 2007.10.11
  • D-Driveシリーズ最終戦① 2007.10.11
  • D-Driveシリーズ第6戦結果 2007.08.30
  • D-Driveシリーズ第5戦結果 2007.08.30
  • D-Driveシリーズ第3戦 2007.06.06
  • D-Driveシリーズ第3戦結果速報 2007.06.03
  • D-Driveシリーズ第2戦 2007.04.30
  • 2007年度D-Driveシリーズ開幕戦レポート 2007.03.19
  • 2007年度D-Driveシリーズ開幕戦 2007.03.18
  • 2007年度D-Driveシリーズ開幕戦速報 2007.03.17
  • (真夏の4時間耐久)

  • 4耐スタート直後の動画をUP! 2007.08.10
  • 真夏の4時間耐久 2007.08.07
  • (サーキットの狼)

  • そしてそして狼決勝 2007.02.07
  • そしてM狼決勝 2007.02.05
  • 「サーキットの狼たち/Mの狼たちレース」in D-Drive 2007.02.05
  • サーキットの狼たち/Mの狼たち結果速報 2007.02.04
  • 【D-DriveSeries2005】

  • リバイバルシリーズ D-Driveシリーズ2005年度最終戦 2009.02.20
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年1月 5日 (水)

    D-Drive SuperGT Touring Car Series 2010 with F104 No1②

    【F104 No1 リハーサル】

    Pic7mod

    F104がこんなにいっぱい!happy02

    Pic3mod

    今回は初の試み、ノックアウト方式の予選!

    リアルF1と同じ予選方式なのでテンションup

    はたしてうまくゆくのか!?

    【Q1】

    タイヤはF:ZAC40、R:タミヤスポンジ

    走れば走るほど路面グリップが上がるのは誰でも知っている。

    決勝レースを見据えてバッテリー残量を考えないといけないので気軽に走り出す訳にもゆかない。

    開始直後、しばらくのあいだ誰もコースインしない状態に。

    皆相手の出方を伺っている....

    その沈黙を破ってコースインした、ともへ~選手、11.4を叩き出す。

    これが指標となり徐々にコースインする選手達。

    ラップモニターは人だかり、そりゃそうだ、誰がノックアウトゾーンなのか、自分はどのへんなのか、気にならない人は居ない。

    今回4人ノックダウンとのことなのでともへ~選手と同等タイムなら問題ないだろうと5周でアタック終了、そして無事通過。

    Q1result

    【Q2】

    前回を上回るタイムだったので大丈夫だろうと走りこんでいたらボーダー下のノックアウトゾーン!coldsweats02

    このまま決勝レースとなると完走できるか怪しい状態。

    が、ひとつ上のKKB48を上回らないと更に危険な完走はほぼ不可能に近くなる。

    それにせっかくのノックアウト方式、ここで遊ばないと面白くない!

    ってことで走り出すがマキマキでパワーも降下する一方。

    でも諦めずに周回を続けていたら僅かに上回った!

    無事Q3進出。ん~早速ノックダウン方式の醍醐味を味わっちまったなぁhappy01

    その後KKB48が抜き返したら面白かったのにKKB48は出走せず。

    せっかくのノックダウン方式なんだしもっと遊べばいいのに。

    Q2result

    【Q3】

    そしてQ3。

    もう充電はできないので最小限の消費にしたいから後半に一発タイム狙い....

    が時間を見誤って未計測となってしまった...せっかく勝ち上がったのになぁ。

    あーあ...スペアの後にガーター出した気分...

    Q3result

    【決勝】

    決勝は14台同時走行。

    やってみるまで気がつかなかったが、これはとても厳しいレース。

    あちこちでクラッシュ、転倒、そして多重クラッシュ続出。

    マーシャルも大忙しで右から左から走り回る。

    その影響でコースが見えなくなることしばしば。

    しかもトラぶったらコース上の台数が多くてなかなか助けに入れない様子。

    トラぶっている前の車を注意しながら抜いてゆく。

    まるで昔のレースゲームのような展開。

    順位は、アナウンス側もなかなか把握できない様子で大混乱。

    車の状態が良かったので後ろから来る車を抜かせてよいのかどうか迷うような事態は幸い起きなかった。

    が、前車を抜くときに退いてくれる保証は無いので細心の注意を払う。

    さすがに何度か接触したが、大きなロスも無く、中盤あたりにTOPのアナウンス。

    が徐々にリヤスポンジタイヤのG剤切れでマキマキ。

    後ろから迫るTada選手を抑えるなど到底無理な状態。

    ブロックどころかジャンピングクラッシュ!であっさりTOP交代。

    がしかし、なんとか2位でゴール、念願のF104レース表彰台!

    (レース動画:定点カメラ)

    (レース動画:JS39さん撮影)

    (リザルト)

    F104finalresult

    F104results

    表彰台は左がGT、右がF104。

    TADAさんはいつものこととして、KKB48がどちらも表彰台ってのがビックリ。

    Photo

    来年はどのボディ作るかな!?

    Dsc02842mod

    Tadaさんのブログにあったけど一応年末年始スケジュールを貼っておきますんで。

    Dsc02852

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年1月 4日 (火)

    D-Drive SuperGT Touring Car Series 2010 with F104 No1①

    今回はダブルヘッダーレースです。

    シリーズ戦も終わり、事実上の今年の最終レース。

    【SuperGT】

    【予選】

    Supergt_qualify

    【決勝Bメイン】

    Gtb8

    kako選手SC430vs鉄人はっとり選手フェラーリ。

    Gtb12

    飛んでいるのは!?

    Gtv13

    Ishikawa選手インプレッサvsねもやんSC430。

    Gtv17

    Watari選手のアストンマーチンに追突寸前のMizutaniガライヤ。

    Gtv18

    3台接戦!?

    Gtv21

    鉄人フェラーリのアタックに根負けしてたまらずインを空けたか!?

    Gtv22

    次の獲物を狙う鉄人。

    Gtv23

    攻めすぎたか!?

    Gtv24

    ジワジワ近寄る鉄人。

    Gtv25

    インを突いたか!?

    Gtv26

    ショックのあまり!?

    Gtv28

    ねもやんSC430のインをさすWatariアストンマーチン、まだまだ諦めていません。

    Gtv29

    IshikawaインプレッサのラインにクロスしそうなねもやんSC430.

    Gtv30

    Watariアストンマーチン。

    Gtv32

    KakoSC430。

    Gtv31

    鉄人フェラーリ。

    Gtv33

    Ishikawaインプレッサ。このボディを選んでくるとは...チャレンジングです。

    Gtv34

    ん~、ワルかっこいい感じ!

    Gtv35

    MizutaniガライヤにせまるKakoSC430。

    Gtv36

    ライトは明るい方がヨイデスネ!

    (レース動画)

    (リザルト)

    Supergt_final_b

    Gt_bmain

    【決勝Aメイン】

    Gtv1

    Tada選手のSC430。

    後ろのねもやんが躍動感溢れてます?

    Gtv2

    KKB48選手のスカイラインに迫るまっちゃんカローラ

    Gtv3

    TANI-NSXにロケットアタックを食らった瞬間のスクープ映像!?

    Gtv4

    まっちゃんカローラ、どこへ行く!?

    Gtv5

    ヴィーマック、Tani-NSX、まっちゃんカローラ接近戦!?

    Gtv6

    ともへ~選手のSC430、ZENTカラーが渋い。

    Gtv7

    またまたヴィーマック、まっちゃんカローラ、TaniNSX

    Gtv8

    Kishiガヤルド。

    Gtv9

    Kishiガヤルドが事故ったところにTadaSC430避けきれずに衝突!

    Gtv10

    TadaSC430をおいかけるまっちゃんカローラ。

    (レース動画)

    (リザルト)

    Supergt_final_a

    Gt_amain

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年11月20日 (土)

    D-Drive Series 2010 Round7 最終戦

    とうとう今年も最終戦を迎えた D-Drive Series 2010 Round7。

    スケール重視のレギュをパスした26台がエントリー。

    年代も車種もカラーリングも様々。時代を超越したF1レースが繰り広げられるのがとても楽しみ!

    Dsc02637crop

    来年はさらに実車に準じたレギュとなるらしく、パスしない車が結構出てきそう。

    スケール軽視、レース重視の方々はキツくなるかも?

    Photo

    今回F104出場者は2名増えた...けれど相変わらず少数派。

    Dsc02719crop

    すごくカッコイイと思うんだけどな~、これでバトルができれば最高。

    Dsc02720crop 

    最新のF1ボディを作る場合、予想以上に大変なのがヘルメット。かなり模様が細かくて複雑。でもこれを乗り越えて最近のF1を再現しないと!それぞれアロンソ、カムイ、マッサ、バトン、みな頑張って作ってるよなぁ、さすがです。

    Drivers_xga

    ひさびさ出場のともへ~選手が、せっかく凝って作ったのに見えねぇ~!と嘆いていたアロンソのヘルメット後ろ側。

    araiのマークと、その下にトランプがあるようなんだけど.....殆ど見えませんねぇcoldsweats01

    Dsc02728

    各車の流し撮り。

    数年ぶりにカコ選手とともにレース参加のともへ~選手はF104のルノーで出場。

    モデラーの技術もドライビングもかなりの腕前。カコ選手と同様にドラ黄金期にSuperAに食い込んだ一人。

    Dsc02629trim

    隊長のF104Wはメルセデス、シューマッハ。

    数時間後に行われたF1アブダビGPを予見させるようなスタート直後の....

    来年はシューマッハは復活するのか!?

    Dsc02643trim

    鉄人はっとり選手は、ともへ~選手が下心があってプレゼントしたバリチェロが乗るジョーダン193-HART。安定した走りでレースペースの揃い方はSuperA級。

    Dsc02650trim

    TANI選手はマッサの乗るザウバーペトロナスC21。今年のマッサは不調というか不運というか....来年は頑張って欲しいな~頑張れマッサ!!

    Dsc02657trim

    店長のザウバーカムイ。かなり攻め込んでますネ。

    かなりアンダーで苦しんでいたとのこと。来年のカムイは楽しみだな~

    Dsc02668trim

    今年は殆ど6輪たいれるP34で出場したKK選手。アロンソがヴァージンの車をドライブしている、という例えはちょっと違うかもしれないが、普通にF103で走ればSuperAで競えるレベルなのにもったいない...

    Dsc02694trim

    数年ぶりに復帰のカコ選手はフェラーリF60で出場。久々なはずなのに天才肌の走りは健在。F104でいきなり好タイム!彼もともへ~選手同様、あの数年前の黄金期にSuperAに食い込んだツワモノ。(しかもアキバの投売りストレートパック)見た目も性格もいたって穏やかな人ですけど。久々のレースにも関わらずレースペースの安定っぷりはSuperA級なのは驚き、というか脅威。序盤のミスがなければ間違いなくメイン優勝してたに違いない。う~む、ともへ~選手といい、F104勢にヤバイ奴らが復活してきたなぁ、マジメに練習せにゃ....

    Dsc02700trim

    【予選】

    予選1回目。

    F:ZAC40、R:ZAC35。指数は50(スパーを勘違いしていて予選後気付いたが52のつもりが50)

    リアが軽く11.9。

    予選2回目。

    練習走行時に低い指数で走ってたタイムが思ってたより良かったので指数を下げて49、のつもりが47。Fタイヤを換えずR:ZAC30に変更。

    セットは良好、11.8にタイムアップ。

    しかしともへ~選手、カコ選手ともども数年ぶりのレースだというのに自分を上回るタイムを出してきた、さすがっス!

    Dsc02730

    予選が終了し夜の帳が降りてきた....

    Dsc02738

    ピット風景

    Dsc02736

    【決勝】
    (Cメイン)

    予選2回目のタイヤセットのまま、モーターを新品に換え、指数49でスタート。

    車は今年一番のセットとなり、遅いながらもハンドリングが良好なこともあり、ぶつかっては返っては追いつき、ひっくり返っては追いつき、の繰り返しで2位Get、勝ち上がり。

    Cメインレース動画

    Cmain

    ※レースペース、安定感とも数年ぶりのレースと思えない走りだったのはがカコ選手。4周目のクラッシュでTOPとほぼ1周分の12秒もの差が開いたものの、ゴール直前ではTOPと5秒差にまで差を詰めていた。クラッシュが無ければTOP争いをしていたのは間違いない。ただYOKOYAMA選手も殆どの時間、前が詰まった状態で走っており、もっとペースが良かった可能性が高い。しかもタレも少なくまだ余力があったと考えられる。(客観的な目で分析してみた)

    (Bメイン)

    セットを換えず指数を51にあげたが上りが遅い感じ。

    タイヤも前回のままだったせいか徐々に前勝ちになりフラフラ。スタート直後最下位だったともへ~選手に抜かれてしまったorzってことでジ・エンド。

    Bメインレース動画

    Bmain

    ※レースペース、安定感とも、TANI選手と鉄人はっとりさんがレベルが違う。快走していたSekigutiさんはポンダーカウントミスで下位となってしまったのが残念。スタート直後、最下位に沈んだともへ~選手は以降安定した走りでYOKOYAMA選手に追いつき、プレッシャーに負けたYokoyama選手がクラッシュしてしまいともへー選手に敗れた。

    (Aメイン)
    Aメインレース動画
    Amain

    (SAメイン)
    SAメインレース動画
    Samain

    最終戦とのことで、各メイン優勝者を表彰。

    Dsc02755pos

    そして今年もこの人がチャンピオン!

    またしてもただ選手、しかもなんと4連覇!!レースもブッチギリ。レースとしては面白みに欠けるけど、たださんの走りは美しく、見ているだけでもウットリ。自分の理想の走りです。

    4年連続の偉業、凄すぎるな~、おめでとうございます。

    Dsc02758pos

    チャンピオンだけが優勝旗ならぬ優勝特大シャンパンに名前を刻み込むことができる。

    うらやましい。でも自分が書き込むことは無いな。

    Dsc02764

    優勝マシンはこちら。

    Dsc02739

    走りだけじゃなくツボを抑えてきっちりスケールカーに仕上げるところがニクイねぇ~

    Dsc02740

    なんでも来年はHPIをベースにするとかしないとか...

    Dsc02741

    これはともへ~選手のルノーのリア側。ダブルデッカーやライトまで再現。

    いいねぇ~、カッコイイ!でもF104No1のレギュ違反っていうのがとても残念なところ。

    Dsc02742

    来月もレースが開催されるが、F103GTとF104のダブルヘッダーとなる模様。

    セットを出さないと!

    Dsc02774

    | | コメント (5) | トラックバック (0)

    2010年11月 3日 (水)

    F1RCGP in トヨタ学園祭

    八王子のトヨタ東京自動車学校の学園祭イベントでF1RCGPが行われるとのことで見に行ってきました。※RCレースは例年行われているようです。

    校内駐車場が一杯らしく特設駐車場(バス用停車場)から徒歩。

    学園祭のテーマ、「挑戦」ほほう。

    Dsc02454

    入り口の上り坂が意外ときつい...かなり運動不足だな

    Dsc02455

    歓声が上がっていたので息切れしながら急ぎ足で見に行ってみるとバイクのジムカーナ大会でした。

    Dsc02457

    RCレースはどこかと受付で聞いたら、グラウンド臨時駐車場の奥、とのお答え。

    出店で買ったイカの丸焼きをかじりながら移動...ってほどでもなく到着。

    思ったよりこじんまり&まったりとした感じで行われていました。

    Dsc02459

    路面が濡れていたせいもあり?カツカツにならずまったりムード?

    今回ドラの知り合いではInoueさんとWadaさんがレースに参加されていました。

    決勝Aメイン

    レースが終わってから、小雨もパラついてきたし、折角なので校舎内を見学。

    するとなんとSuperGTのエネオスSCが!

    Dsc02464

    こちらはエヴァカローラ

    Dsc02466

    アイタタタタタ

    Dsc02467

    これは!?

    Dsc02469

    そしてなんと、2000GTじゃないですか!

    Dsc02473

    2台も!

    Dsc02479

    なんでもボンドカーだったようです。う~む、見た記憶無いな....

    Dsc02474

    となりに弟分っぽくヨタハチ

    Dsc02476

    レーシングカーっぽいカラーリング...ん、これはリアルMに使えるか!?

    Dsc02486

    スペックはえーとなになに、え!? なんとたったの45ps...

    Dsc02477

    でもなんだかかわいらしくていいなぁ。

    Dsc02478

    そしてホンモノのレーシングカー、しかも大好きなFordGT40。

    グランツーリスモで知った車。ゴロゴロっていう独特の排気音が異彩を放ってて気に入ったんだよね。

    排気量はなんと7000cc。

    でも530hp....排気量の割には....まぁ年代が年代だからか。

    Dsc02480

    ヴィーマックもコレに似てるから好きなのかも。

    エリーゼにも似てるな、渋い色なら公道走っても変ではないな。

    200mmボディで出ないかな~もちろんF103GTで遊ぶため。210mmならあるんだが。

    Dsc02481

    カッコイイ。乗ってみたい、欲しい。言うだけはタダだな。

    Dsc02489_2

    そして最前列にはポルシェ962LM

    Dsc02482

    いかにもレーシングカーっていう、圧倒的な存在感。

    Dsc02483

    別物だ。いや本物が正しいか。

    Dsc02484

    スペックはなんと3000cc....MyCarと同じじゃないですか!?

    でも馬力はなんと700hp、GTVの3倍以上....それに400km/h出るらしい。

    いやー化け物だね。

    Dsc02487

    連邦のモビルスーツは化け物か!?(意味不明)

    Dsc02488

    いやー迫力あるな、ってうか怖いくらいだな。

    いやモンスターマシンなのは確か。

    しかし700馬力、400km/hとは一体どんな世界なんでしょうか?

    今度はサーキットに見学にでも行ってみようかな。

    気付けばシャッターを下ろし始めて店終まいな雰囲気。

    ろくに見て回ってないので来年はもう少し見て回ろうかと

    | | コメント (7) | トラックバック (0)

    2010年10月 2日 (土)

    D-Drive Series 2010 Round5 & Round6

    D-Drive Series Round5 & Round6 ダブルヘッダー。

    Dsc02397mb

    前日は雨、当日朝方もどんより曇ってやや天気が怪しかったが午後から日が差して無事開催。

    Dsc02379_2

    すっかり晴れて青空に。

    時折コースに舞い落ちる枯葉を踏むとアンダーになるのでマーシャルが拾い上げてました。

    Dsc02380

    恒例?のニューボディチェック!

    まっちゃんによるメルセデスW01。ドライバーは今年復帰したシューマッハを完全に打ち負かして、期待以上の活躍ぶり?のロズベルグ。

    Dsc02375

    なんと店長はザウバーC29作成!隣は次のラウンド用のフェラーリ312T3。

    Dsc02387

    可夢偉ってちゃんと書き込んでたりします、手抜かりなし、さすが。

    Dsc02388

    ついでに自分のマクラーレンMP4-25。

    フェラーリといい、自分で作ったボディがすぐさまタミヤが出してくるっていうのはかなりツいてない.....

    Dsc02377

    Dドラオープン初年度、Aメイン(今のSA)で走っていたSugitaさん、久々の参戦はブラウンGP。

    ローノーズかぁ...個人的にはちょっと惜しい感じ。

    Dsc02372

    ドライバーをきっちり作ってくるところはさすが。

    最近ドライバーまで作りこんできている人が増えてきてますね。

    数年ぶりの参戦でいきなりAポール、さすがお手手は全国レベルです。

    Dsc02373

    ザウバー&マッサはDドラのベッテルことTani君

    Dsc02402

    手抜きなし。速いだけじゃなくなってきたなぁ、素晴らしい。

    Dsc02403

    これは自分のEnsign N177。まさかまたこのボディを引っ張り出すことになるとは...

    前日の深夜にボディ修復。

    リアウイングは70年代風にカットし、シルバー塗装。ステッカーもプリンタが無い為、深夜に友人宅に押しかけ印刷。

    サイドポンツーンも穴あけ加工を施した。

    Dsc02405

    結果はRound6でBメイン、ウイングは取れるは、タイヤは外れるわで結果は散々、クラシックカーによる日本グランプリ再現をAメインで!の約束は果たせず。

    タミヤから新発売のロータス79も早速登場。

    タイレル6輪に続きKKがセレクト&ビルド。

    Dsc02419

    目は失敗が怖くて入れられない、とのことですが、入れないと見た目が怖いです^^;

    Dsc02422

    メーター周りもきっちり作成。

    このボディはドライバーとボディが別パーツなんですね。

    Dsc02423

    う~ん、かっこいいね~!

    Dsc02421

    ※他のクラシックボディはChu~隊長のブログでUPされていますのでぜひそちらを参照下さい。

    先週に撮影した、たださん入魂のマクラーレン。

    たださんデビュー時のボディのマクラーレンに原点回帰!?こちらもドライバーまで作り込んでます。

    タイヤステッカーがあると思ったより映えますね。これからは必須アイテムか!?

    Dsc02296 Dsc02297 Dsc02299 Dsc02302 Dsc02301 Dsc02304_2 Dsc02305 Dsc02306 Dsc02307 Dsc02310

    F104による2010年F1ボディ。おニューの2台に自分のを並べて撮影。

    見た目は断然カッコイイ!でも走りのほうは重たくてタイムがなかなか....

    Dsc02391_4

    Dsc02392

    Dsc02393tr

    Dsc02394tr

    Dsc02395tr

    Dsc02396tr

    夜のPit、緊張と不安のなか、自分を信じてメンテ。

    Dsc02406

    今回はOmiさんが調子よくRd6では初優勝。ついに実力を発揮し始めた!?

    Dsc02412

    Dsc02414

    【レース動画】

    (R5)

    (R6)

    さてこれからはこいつで遊びます。

    Dsc02354pos

    | | コメント (3) | トラックバック (0)

    2010年9月 7日 (火)

    D-Drive "1000LAPS"~とりあえず写真とLAPデータUP~

    P1010349

    (動画提供:js39さん)

    (動画提供:js39さん)

    (参加車両)

    HIS ADVAN KONDO GT-R : ちゅ~まっは

    宝山TOM'S SC430 : BRONSONS

    レイブリックNSX : SUNPLUS+

    PETRONAS TOM'S SC430 : ダメ山社中

    カルソニック IMPUL GT-R : OSSAN MOTER SPORTS

    カローラ アクシオ apr GT : SMOKER+1

    マッハGOGOGO車検408R : ISO1000H

    P1010355

    ・上から1位~3位チームメンバー表彰台

     ちゅ~まっは

     BRONSONS

     SUNPLUS+

    P1010358b

    (リザルト)

    Result

    (順位変動)

    Cbimg011

    Cbimg010

    [LAPデータ(順位順)]

    ・ちゅ~まっは

    1

     ・モーター交換なし、タイヤ交換2回(320周、650周付近)。一回目のRタイヤ交換を1分ちょっとで済ませており、手際のよさが見える。 

     ・指数49

    ・BRONSONS

    2

     ・モーター交換なし、タイヤ交換4回?

     ・指数50?

    ・SUNPLUS+

    3

     ・モーター交換なし。タイヤ交換1回(550周付近)

     ・指数47

    ・ダメ山社中

    4

     ・モーター交換なし。タイヤ交換なし。

     ・指数46

     ・バッテリーコネクタ用のヨーロピアンコネクタとケーブルとの接続がネジ式となっていてそこが緩んでノーコンが発生、ピットに2度(400周、900周付近)ほど入っている。

     ・モーターは交換しなかったが、パワーダウンした時に一度研磨剤でクリーニングを行っている。パワーは復活したがまたすぐダウンした。パワーダウンの原因はクーリングファンの故障による停止だった。

     ・タイヤ交換無しの作戦だったが車高の高さからくる転倒を抑えられなかった。またこの転倒によるダメージでファンが壊れた可能性も考えられる。また転倒防止でヘアピンに気を遣い、序盤のペースが上がらなかった。

    ・OSSMO

    5

     ・モーター交換なし。タイヤ交換なし。

     ・指数45?

    ・SMOKER+1

    6

     ・モーター交換無し。タイヤ交換、ボディマウント調整を行ったとのことなので、500周過ぎに3分ちょっとのロスタイムがそれに該当している。

     ・指数45

    ・ISO1000H

    7

     ・モーター交換1回(560周付近)。タイヤ交換無し?

     ・指数45?

    (各チーム代表コメント)

    勝因敗因等募集!

    「1000laps.lzh」をダウンロード (解凍してalbum.htmをクリック)

    PIT風景、レースの写真&動画を募集中!

    | | コメント (5) | トラックバック (0)

    2010年8月 5日 (木)

    D-Drive Series 2010 Round4

    D-Driveシリーズ戦のなかで最も暑いRound4が7/31(土)に開催。

    平日、雨が降ったせいか路面は思ったより良くない状態でいつもより柔らかめのチョイスが多かった様子。

    Dsc02174mod

    ちらほらと増え始めたF104による2010年タイプ。

    フェラーリF10、マクラーレンMP4-25、トロロッソSTR5、

    ん~、文句なしにカッコイイ!

    見慣れるとF103がデブに見えてきます(これホント)

    実車のほうも、去年はなんてカッコ悪くなったんだ、と思ったけど見慣れたせい?今年はどれもカッコイイ!

    Dsc02127

    シャークフィンがポイントかな、いい感じ

    Dsc02128

    細っ!実車もかなり細いからなぁ

    Dsc02132

    自分の作ったMP4-25、スプレーの吹きが甘くてブラックマクラーレンに!?

     ※サテンシルバーアルマイトが薄いとメタルスライム色になります(黒で裏打ち)

    Dsc02134

    手がかかったバトン

    Dsc02130

    フロントウイングのアッパー側が小さかったので余ったポリカで追加。

    Dsc02137

    店長のトロロッソ、力作です。

    Dsc02135

    ドライバーはベルガー

    去年ならオーナー兼ドライバーっていう理由になったんだけど、との店長談。

    マクラーレン、ブラバム、サーティース、オーナーであり自分でマシンを設計し、ドライバーでもあった3人。かつてはそんな時代も

    Dsc02129

    前のボディにあわせていたため、ノーズが低かったとのこと。

    Dsc02138_2

    しまっち@オカマっちが持ち込んだフェラーリF10、誰に作らせたんだか....

    Dsc02133

    アロンソ。素晴らし~

    Dsc02131

    このメットを描いた人は凄い技術の持ち主ですね~

    Dsc02136

    そして予選中にスイカの差し入れ、Dドラ恒例、夏の楽しみ!

    いやー美味しかった、また食べたいな~

    Dsc02139

    久々にピットウォ-ク。

    Dsc02146

    Dsc02147

    Dsc02150

    Dsc02148

    サービスショット!?

    Dsc02149a

    初参戦の方々をご紹介

    鉄人はっとりさん、初レースだがDドラでは一番コースを走り込んでいるのでレースは相当強いだろうとの下馬評だが果たして!?

    Dsc02142

    MITSUHASHIさんもルーキーで初レース。

    練習時はいつも良く走っているので上位メインに行く可能性大

    Dsc02144

    なんとD-Driveモノコックシャーシーを使用。どうりで剛性が高そうな雰囲気だったな

    Dsc02143

    ちなみにいつも見ているこのモニター、実はMITSUHASHIさんからの贈与品!だったんです、ありがたや~

    Dsc02269

    時々参加しているOGITAさんです。

    初F1がF104とは....苦労するかも!?

    Dsc02145

    以降は常連ショット!

    KKB48(定着?)のタイレル6輪、ついにSuperAメイン入り!

    Dsc02151

    2010年の”顔”のレッドブルがいないとすご~く物足りない感に襲われるので撮影。

    やっぱちょっと太いかな....というか、トレッドとタイヤの大きさの関係で太って見えるのかな、F103は(スミマセン)。

    Dsc02153

    ついでに自分のMP4-25。

    Dsc02152

    前後のウイングはクセモノのような気が....

    【予選】

    タイヤシールを貼っていたので決め打ちのF:ZAC40、R:ZAC35。

    今回はグリップ感薄く、前回より走らなかった.....

    前後ウイングもノーマルなのでその影響も!?

    でも今回はスケールにコダワリたかったので、たとえマキマキになっても変える気は無かった!とかっこつけたいが、リヤウイングは念のため持って来てたり^^;

    前回予想外にF104で勝ち上がったので今回NEWパワーソース、オリオン3800、60Cで予選に望んだが思ったよりフツーというか、期待はずれだった....

    60Cってスペックは何なんだろう?電流を多く流せるんじゃないの?

    前から思ってたが~Cの測定条件が統一されない限り、意味無いと思う。

    まぁ踊らされたワケだが。

    容量×~Cが瞬間最大電流らしいが、そのときの電圧値に関する記述を見たことが無い。

    35Cで3800mA/hだと瞬間115A

    60Cで3800mA/hなら瞬間228A

    でも瞬間電流発生時の電圧が60Cが35Cの半分だとしたらほぼ同等になるが....

    【予選結果】

    Dsc02164

    【決勝結果】

    (Cメイン)

    決勝。

    今回はミスが多く自爆して順位低下と最低。

    でも今回3位でも勝ちあがれたのでラッキーだった。

    http://www.youtube.com/watch?v=YXPyO9SEk2I

    http://www.youtube.com/watch?v=X3lH5HL1MXg

    Dsc02165

    C_result

    (Bメイン)

    走っていなかった&ミスも多く、全員にLapされてしまい寂しいレースになってしまった....

    http://www.youtube.com/watch?v=7YD2W0U7W5E

    http://www.youtube.com/watch?v=Q2CxDnnpTHg

    Dsc02166

    B_result

    (Aメイン)

    なんと鉄人はっとりさんが初レースながらAメイン入り!

    しかもレース運びも安定、バトルも問題ない感じ。

    なんだかA常連になりそうな予感。

    安定した走りなので予選タイムだけ速い人は食われてしまうかも?

    http://www.youtube.com/watch?v=iJYeVK40h3E

    http://www.youtube.com/watch?v=EgWTlNXyrVk

    Dsc02167

    A_result

    (SAメイン)

    TOPたださんが多重クラッシュで7位までダウン、そこからの鬼神の追い上げは見事。

    中盤、TOPにLapされたにも関わらず同一周回まで追い上げ2位に。

    でもさすがにTopには届かなかった...まぁSuperAだから当たり前か。

    しかしたださんだけ超SuperA級な感じだな~

    http://www.youtube.com/watch?v=ROo8PH0-z_c

    http://www.youtube.com/watch?v=Zcqd2SgFQc8

    Dsc02168

    Sa_result

    SuperA表彰台。

    たださんが真ん中じゃないのは珍百景!?

    Dsc02169a

    F104No1、いまのところ、まっちゃんが最強。さすがSuperA常連。

    Dsc02172ajpg

    さて今度はSuperGT1000LAP

    もう一月も無いので準備を急がねば!

    | | コメント (6) | トラックバック (0)

    2010年6月19日 (土)

    D-Drive Series 2010 Round3

    レース当日、6時過ぎに目が覚めた。

    前日飲み過ぎて早々とバタンキューしたのが幸いした。

    さて準備するか、とマシンを見たら、前後のウイングがレギュを通らない状態。

    前回のRd2でボロボロになったのを忘れてた...

    幸いしてない、前日チェックすべきだった。

    時間がかかりそうだったが、間に合わなかったらF103にするつもりでとりかかり、結局10時過ぎになんとか終了。

    Dsc02030

    さて6/12開催予定と天気が危ぶまれていたものの、例年より梅雨入りが遅れたお陰か、好天に恵まれたD-DriveSeries Round3

    今回はいつもより多い、28台ものエントリー。

    遅れたのでピット探しも一苦労。

    一番奥の、店長向かいに落ち着き、準備開始。

    え、店長がエントリー!?いったい何年ぶりのことか...

    と、思ってたら隣はなんとゆうたパパ、これまた久々のエントリー。

    今日は面白くなりそうだ....と思っていたのだが...

    Dsc02031

    レースを支えるマスター、いつも忙しいところご苦労様....と思ったらチューハイ飲んで、すでにデキ上がってるし....気前よく一本プレゼントしてくれてこちらも昨夜に続きデキ上がり。

    Dsc02032


    【予選】
    (一回目)
    酔った勢いで一発タイム!などと思ったがそんなに甘くない。

    F:EG40、R:ZAC25。Fバネ:金、指数52

    右に左にマキマキ、マシンがさっぱり走らない....酷すぎて話にならない。

    酒の悪影響か、ずどーんと落ち込む。

    でもとなりのゆうたパパはめちゃくちゃポジティブ。

    もしかしたら良くなるかもしれない、もしかしたら勝つかも知れない。

    常にそういった前向きな意識。さすが世界で戦った男は違う。

    落ち込んでいる場合ではないな、とマシンを見直すことにする。

    すると、Fの車高変更の影響でタイロッドがサスアームに干渉していることが判明。

    さらにcarrさんに教えてもらった方法でFタイヤの角を多めに削ってアンダー方向にセット。

    (二回目)
    F:ZAC40、R:ZAC35、Fバネ:黒、指数52

    先ほどのマキマキ症状が嘘のように走るようになったものの、12秒1。

    終了間際、リアシャフトを鉄からカーボンに変更し、思ったよりトラクションが低下しないことを確認。

    なんとかレースできそうな感触を得て、ホッと一安心...するのもつかの間。

    予選結果はCメインだったものの、なんと参加したF104全車種がCメイン!?

    当然F104で参加の店長、ここ最近セットを煮詰めているnakaさんも同じCメイン。

    これはかなり手強い....

    またしてもF104 No1を逃してしまうのか(涙

    というか、それよりも、F104が走らないって言っている様な....これはマズイ....

    Dsc02033a

    これはマクラーレ.....ん!?

    Dsc02035

    よく見るとnaka製作所の”プラモブロック”によるF1。

    よく見るとウイングが逆のような....!?

    でもいろいろと自由に作れて楽しめそう。欲しいな~

    HPや雑誌等で作品を載せてくれたりする場があると嬉しいし作り甲斐もあるな~

    【決勝】

    (Cメイン)

    2番グリッドからのスタート。

    予選とセット変更ナシ。

    カーボンシャフト化でタイムアップを確信していたので少し気が緩んだらしく、スタート直後のコーナーですぐ追いつかれ、焦って次のコーナーでゼブラ踏んで3回転バック宙返り。

    あっさり2位から7位にダウン。

    終わったか...と思ったが、次の周の混乱をかいくぐって5位に。

    そして中盤に、TOPのnakaさん2位店長に次いで3位まで順位UP。

    なんとF104の3台のランデブー。

    どうやらペースが上がらないnakaさんに店長が詰まっていて、自然と追いついたらしい。

    エコランして後半勝負も手だったが、店長がnakaさんを抜いたら引き離される可能性があったので、周回遅れを抜く時や、店長がnakaさんを抜くときにチャンスが来るかもしれないので離れないよう注意した。

    このあたりは実車と同様かも。

    だがなかなかチャンスは来ない...というか、ところどころミスして離れては追いついたりして思うようにいかなかった。

    と思ってたら店長が突然のノーコンで脱落、これでnakaさんに次いで2位、ようやくスタート位置に回復。

    しばらくテールツーノーズが続いたが、nakaさんのミスの隙にTOPになり、このままチェッカー!

    棚ボタ式の勝ち上がり。

    これで念願のF104 No1だ、と思いきや、nakaさんと勝ち上がりなので次のBメインまで持ち越し!?になってしまった。

    (リザルト)
    C

    (順位変動)
    Lap001


    ※Lapの変動や順位の入れ替わりをグラフ化
    ・直線的に推移している場合は、Lapの変動が少なく安定して走行している事を表している。
    ・グラフの傾きはペースを表しており右下がりの場合は他車よりペースが遅く、右上がりの場合は他車よりペースが速いことを示している。
    ・急に右下がりになった場合は、何らかのミス・トラブルで遅れたことを示している。
    また、順位の変動を知ることも出来る。
    例えば
    ・YOKONENとNAKAさんは35~40周付近はテールツーノーズで争っていた。
    ・INOUEさんとWATARIさんは順位を入れ替えながら終盤まで競っていてラスト2周でINOUEさんがWATARIさんをかわしチェッカーを受けた。WATARIさんは所々ミスしているものの、ペースとしてはTopに近かった。またINOUEさんは序盤はペースが速かったが、徐々にペースが落ちたものの、安定していた。
    ・BERGER(店長)は25周過ぎまで2位だったがトラブルで7位までダウンしたもののHIDE・SHIMADAさんをかわし、中盤以降は2~3秒差でISHIHARAさんを追っていた。
    ・ISHIHARAさんは中盤、一度は抜いたHIDE・SHIMADAさんに追いつかれたが30周付近からは5位で店長の2~3秒前を安定して走り続け、チェッカーをうけた。
    ・HIDE・SHIMADAさんがペースが遅かったものの、安定していた。 ・OHSAWAさんは序盤トラブルに見舞われたものの、復帰後は安定して走行しており、ペースとしてはINOUEさんNAKAさんと同等だった。
    など。


    (Bメイン)

    2レース目なのでお腹一杯。

    リフェバッテリーは1本しか持ってきてないので約10分間の追い充(1700mA)にもかかわらず、レーススピードが遅すぎたので指数を53に上げてセットは変えずにチャレンジ。

    さて何分でタレるのやら....

    そして7番グリッドからレッドシグナル、ブラックアウト。

    スタート直後の混乱を抜け出し、5番手にUP。

    そして周りが自滅してゆき、気付けばなんと序盤で2番手。

    そして3位デ・クラッシュリスさんとのテールツーノーズ。

    先ほどとは逆の立場となって前はキツイ。

    それだけではなく、車が走っているときのデ・クラッシュリスさんはかなり手強い。

    バッテリーもどんどんタレていったがなんとか終盤までブロック。

    残り2分。

    ちょっとライン外してフラついた隙をつかれてついに3番手にダウン。

    バッテリーも人間もタレまくり。

    しかし、

    「もしかしたら勝てるかもしれない」

    わずかな希望を頼りに追いすがり続けると、デ・クラッシュリスさんがミス。

    2位に返り咲き、そのままチェッカー。

    なんと2度目の勝ち上がり!

    しかしバッテリーが無いのでどうしようか...と思ってたら、

    皆さんから提供を申し出て頂いて、これには本当に嬉しかった!

    気を使って頂いてどうもありがとうございました!

    結局まっちゃんから借りて、しかもモーターも店長から提供して貰ってしまいました。

    けっこうグッタリだったが、これじゃ負けられない、頑張らねば!

    (リザルト)
    B

    (順位変動)
    Lap002_2

    TOP集団の4台は5週過ぎからミスが出始め、TOP、2位争い、4位争い、6位、7位、8位と分かれるが、ペースの速いKISHIさんは19周目にNAKAさん、29周目にKITTAさんをかわし4位となった。そのままのペースでいけば2位争いに加わる可能性があったが、32周目に4秒もロスしてしまい追いつけなくなった。序盤のミスで順位を大きく下げたT・MURAKAMIさんだがペースは速く、23周目、28周目等のミスがなければ、KISHIさん同様2位争いに加わる可能性を持っていた。NAKAさんとKITTAさんはペースが徐々に落ち、バッテリーかモーターに問題があったか、或いは指数が低かった可能性がある。終盤、二人ともチェッカー目前でT・MURAKAMIさんに追いつかれたがスピード差があり、どうにもできなかったと思われる。SAITOさんはペースは悪くなく、安定していたが、スタート直後の大きなロスが響いた。

    (Aメイン)

    最終8番グリッドからのスタート。

    スタート直後、Hagiwaraさんがフラついた隙に7番手にUP。

    しかし3周目に手前シケインで痛恨の転倒、また8番手。

    そして7番手はKKB48のタイレルP34。

    ペースが上がらないP34とテールツーノーズ。

    3レース目もテールツーノーズバトル。

    やはりインを閉められると抜けそうにない。

    しばらくするとどういう訳かP34がペースアップ、ずるずる引き離されてしまった。

    (後で聞いたところ、急にパワーが上がった、とのこと)

    そして次から次へとラップされ、AメインのF103とペースの違いを痛感させられる。

    今年で言うと、フェラーリに対するヴァージンやロータス、HRTといったところか。

    終盤、ネモやんのミスで順位が上がったものの、Tani君にラップされるときにコースアウトしてまた8番手。

    そのまま変わらずチェッカー。

    Aメインで勝負できるよう、もっとセットアップしないと....
    (リザルト)
    A

    (順位変動)
    Lap003

    5周目で1~4位の上位集団、5~8位の下位集団に分かれている。 10周目あたりからTOPのISHIKAWAさんがジリジリと差を広げ、そのまま逃げ切った。他車よりペースが明らかに速かった。 2位争いは3台テールツーノーズ状態だったが、22周目にTANIさんが脱落。しかし徐々に差をつめ、33周目にCHUMANさんのミスの隙に3位に上がるものの、40周目に3台の順位が入れ替わり2位CHUMANさん、3位HIRO・SHIMADAさん、4位TANIさんでチェッカーとなった。 下位集団は序盤から中盤付近までHAGIWARAさんとNEMOTOさんがテールツーノーズのまま抜け出し、5位を争っていたが26周目にHAGIWARAさんがミスして脱落し、KKB48さんに追いつかれた。 YOKONENの前でブロックしていたKKB48さんはHAGIWARAさんに追いついた後、ペースを上げ、NEMOTOさん、HAGIWARAさん、KKB48の3台で5位をテールツーノーズで争ったが44周にKKB48、46周にNEMOTOさんがミスしてHAGIWARAさんが5位で逃げ切った。 46周目のNEMOTOさんのミスでKKB48、YOKONENの3台がテールツーノーズとなったがKKB48が逃げ切り6位チェッカー。NEMOTOさんが49周目のミスで最下位に落ちたが、52周目のYOKONENのミスの隙に7位となりチェッカーを受けた。

    そしてSuperAメイン、またまたTadaさんのポールtoウィン。

    久々エントリーのゆうたパパ、さすがにSuperA、簡単にはゆかなかったようで5位フィニッシュ。

    TOP3の反省会?「Tバーがさぁ、.....」って感じです。

    Dsc02042

    SuperAメイン優勝の3台。

    Dsc02044

    (リザルト)
    Sa

    (順位変動)
    Lap004

    さすがにSuperAクラス、いずれもペースはとても安定している。 1~3位、は順位変動も無くチェッカー。 終盤まで4位だったSHIMABUKUROさんは51-52周目の遅れでOMIさんにかわされて、5位でチェッカーとなった。 序盤から中盤までMATSUMOTOさんとSUZUKIさんが6位を争っていたが、41周目のミスで決着が付いた。 NONAKAさんは序盤からペースが上がらず8位のままチェッカーとなった。 ※気になったのがMATSUMOTO選手の46周目。このような急激な右上がりは起きない筈なので、ショートカットか何かで、5秒6のLapタイムがそのままカウントされた可能性がある。

    SuperAの表彰台。3人ともシャンパンをいっぱい持っている人ばかり。

    Dsc02047a

    F104 No1表彰台。今回、F104出場のC、Bメインを抑えてしまったので結果的に独り占め。なんだか申し訳ないです^^;

    Dsc02048a

    ついにF104 No1!

    Dsc02050a

    報奨にレッドブルのステッカー頂きました!ありがとうございま~す!

    Rd3レース結果&レースペース

    「dds2010rd3.zip」をダウンロード

    解凍してalbum.htmをクリック。(IE推奨)

    Dsc02052

    まさか勝ち上がるとは...バッテリーもう一本買っておかないと。

    走行後のR:ZAC35タイヤ。

    Dsc02053

    3メインなんとか持ちこたえた...にしても薄っ!

    セットは結局予選2回目のまま。

    F:ZAC40、R:ZAC35、Fバネ:黒、指数52。ピッチングは固め。

    carrさんに教えてもらった、Fタイヤの角削りは自然な感じでアンダー方向になり結構有効。

    春先より路面が上がって神経質さが薄れてきた。でも路面が上がり過ぎると....

    でも可能性は見えてきた気がする。目標はAメイン優勝!

    次戦はまだ未定。7月末あたりらしが...

    ちなみにドラは6月18日(金)~7月11日(日)まで長期休業とのこと。

    さてまたドラ難民となったが...どうしようかな....

    | | コメント (3) | トラックバック (0)

    2010年4月29日 (木)

    D-Drive Series 2010 Round2

    Dsc01630

    なんとMズタニさんはタミヤにて表彰されたアースカラーホンダボディを持ってきてくれました!

    Dsc01612

    Dsc01613

    Dsc01614

    Dsc01620

    Dsc01623

    Dsc01625

    Dsc01626

    Dsc01627

    さて、日本はどこにあったでしょうか!?

    自分はというと、シャーシはF104、ボディはフェラーリF60(もどき)
    ねもやんマクラーレンとツーショット。

    Dsc01616

    タイヤ
     F:ZAC40
     R:ZAC25

    モーター
     家に転がってた中古

    予選
    Aメイン6番手(ブービー)

    決勝
    6番手(ブービー)

    なんとポンダーがカウントしないトラブル発覚!
    計9周もカウントしていなかったようで....

    とはいえカウントしてもブービーでしたがorz

    それとスピードが乗らなかったのはモーターのせいだったかも....
    やはりレースでは新品投入しないと!

    そしてメイン順位より肝心なF104、No1は....同じメインにまっちゃんが優勝したのでGetならず...orz

    次こそは!

    Dsc01645

    他のメインはといえば、Cメイン、Bメインが見てて面白かったですね~

    今回レース初参戦の方々もいたのですが、安定した走りが見事でした。

    下克上が激しくなりそうな予感!?

    (result)
    Dsc01643aaa

    (レース動画)

    (Cメイン)

    (Bメイン)

    (Aメイン)

    (SAメイン)

    Dsc01638_2

    Dsc01639a

    【今後のレース予定】

    SuperGT 5/23

    D-DriveSeriesRound3 6/12

    とのことです。

    Dsc01646

    正解はココでした!

    Dsc01628

    正解者の中から抽選で....
    何もありません^^

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧